蜜の国

ノートのように書き散らしたくてはてなに戻ってきました。

会話の勉強は英検1級取得後に。最短で試験を突破するには長い単語を先に覚えたほうがいい。

今回は英検を最短で突破するには、コロケーションや口語をすっ飛ばして、長くて難しい単語ばかり先に覚えたほうがいいよ、という話をしたいと思います。

試験に受かりたいなら目標を絞ることが大事

「英語を勉強する」と一言で言っても、パッと思いつくだけでたくさんの目標を挙げることが出来ます。明確な目標がある場合は、どういう能力を伸ばしていけばいいのか、勉強する前に計画を練ることが大切です。

たとえば、

  • 友だちと英語で話すための英語力
  • 仕事でコミュニケーションに使う英語力
  • カジュアルなメッセージを書く/読む英語力
  • フォーマルな文書を書く/読む英語力

という目標があります。

英検を受けると決めたら、一番最後の「フォーマルな文書を書く/読む英語力」に重点を定めたほうがいいです。

 

友だちと話すときに使うような自然な英語は、一見最もカンタンそうに見えますが文化や英語特有の対人関係のあり方がわからないと使えないので難しいです。

日常会話をマスターしてからフォーマルな英語を、ではなくて、逆にするのがオススメです。私は試験に受かってから、日常会話を勉強しています。

ペラペラだけどTOEIC700

知り合いに非常に英語を話すのが上手な人がいるのですが、TOEICの点が伸びなくて悩んでいました。

その人は何年か英語圏に留学していて、すごく自然な感じで英語で会話が出来るんですが、TOEICは700点ちょいしか取れないんだそう。

一方、私は挨拶さえぎこちなく、頑張っても自動翻訳みたいな文しか作れないのですが、TOEICは950オーバー。

何が言いたいのかと言うと、英語を外国語として学ぶ場合、何に重点を置くかで結果が変わってくるって話なんです。

英語が流ちょうなその人は、教科書に出てくるような単語は全部無視して、自然な会話表現ばかり学んできたので、きちんとした文を読むのに必要な単語が足りないんですね。

外国語の勉強は、母語のようにステップを踏んで「カンタンな語→難しい語」というふうに勉強が進むわけじゃないんです。

なぜなら「カンタンな語」って、幼児語とかスラング、流行語や慣用句とかですけど、母語じゃなかったら難しいからです! 量も超多いし省略も多くて難しいし、しかもほとんど試験に出ません! 

 

 

試験対策には長い単語とディスコースマーカーを集中的に

TOEICと英検でハイスコアを取る秘訣は、個人的には

  • TOEIC→パターンをつかむこととTOEIC用の単語の暗記
  • 英検→長い単語とディスコースマーカーを覚える

という方向性で勉強すると、最短で点が取れるようになると思います。

正直、内容はしっかり理解出来なくても、フワッとしたおおよそのパターンをつかむことが大切だと思います。

たとえばTOEICだったら、過去問をやっていると何となくオチというかパターンが見えてくるので、それをつかむためにとにかく過去問をザーッと読んでおく。あとTOEIC特有の単語が出るので、それを集中的に暗記しておく。

英検だったら難しい単語に加えて、まずはディスコースマーカーをマスターして、結論や論点の切り替わるポイント、重要な文がどこらへんか目安をつけられるようになる。

「うーんと、答えはこのへん…?」というぐらいの曖昧な理解で、中身自体がしっかりわからなくても長文なんかはそれで結構点が取れます。

英検1級。母語なら確か10才向けの試験だよ

英検1級は、たしか「ネイティブだったら10才くらいで受かる」と言われるレベルだったはず。これは勉強の計画を立てるときに、かなり重要な情報です。

つまり、試験の内容はよく読めば専門的かも知れないけど、ほんと初歩的なことしか聞かれないよ、という意味だからです。

そこさえ外さなければ、ライティングだって問題文の内容がわかんなくても受かります。実際私は本番でライティングの質問文の意味がわかんなかったです。

だけどエッセイの約束事だけしっかり守っていたので受かりました。

エッセイの約束事というのは、いつものアレです。

「結論→自分の意見(漠然と)→具体例1→具体例2→まとめ」にのっとって構成し、「人々は~とよく言っているが、私は~と思う。」みたいなお決まりの文をモリモリ組み込むことです。

つまり質問に対して大きく外れてさえいなければ、内容よりもきちんとしたエッセイに”見える”ことが大切。

なぜなら人の意見を採点するのは超難しいですが、”形式を守っているかどうか”や”お決まりの文の量”などは採点者の質がバラバラでも基準として共有しやすいからです。