蜜の国

ノートのように書き散らしたくてはてなに戻ってきました。

unity初心者:勉強に使った本、学んでよかったこと

数年前から子が、昔のファミコンのようなドット絵の2Dゲームにハマっています。

 「そんなに好きなら自分でも作ってみたら?」

と言うと、

「じゃあ、やってみようかな」

と言うので、何か聞かれたとき応えられるように私も予習しておくことにしました。

Unity初心者の私が使った本

ふりがなプログラミング

子供なので難しい漢字は読めないかも知れないと思い、まずはふりがなつきの教科書を買いました。

↑の本を一通りやると、カンタンな3Dゲームをいくつか作れるようになります。ブロック崩しや追いかけっこゲームなど、楽しく作ることができました。

小学校高学年の子でも 大人のサポートが少しあれば一人で読み進めることができ、買ってよかったです。

ただ、最後の章のFPSゲーム(マイクラのような一人称視点のゲーム)では、指定されたアセットが見つからなかったりして、中途半端な形で完成せず終わってしまいました。

楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座

調子よく学んでいるし子も楽しそうなので、もう一冊買ってみることにしました。漢字は問題なさそうなので、ふりがながついていなくても気にせず選びます。

こちらも、聞かれたときのために私も一応予習しておきます。

【★特典付き】楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座(特典:姉妹本の特別試し読みPDF)

【★特典付き】楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座(特典:姉妹本の特別試し読みPDF)

  • 作者:森 巧尚
  • 発売日: 2019/02/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

楽しく学ぶ Unity 2D超入門講座を一通り終えると何が出来るかと言うと、一面だけの横スクロールのアクションゲーム、つまりファミコンのマリオのようなゲームを作ることができます。

画像やアニメのファイルが無料でダウンロードできるので、自分でスクリプトを書かなくてもマウスのクリックのみでゲームが作れてちゃいます。これはかなり楽しかった!

プログラミングを学ぶというより、Unityで何が出来るかを学ぶための教材。

私はスクリプトを自分で打ったけれど、HTMLとCSSが使えて、PHPのさわりくらいしかわからない、というレベルだったので、ただ書き写しただけになってしまいました。

Unityの寺子屋 定番スマホゲーム開発入門

 次に選んだのは「Unityの寺子屋」。放置ゲーやクッキークリッカーが作りながら勉強するらしく、かなり面白そう。

とここで、まだC#が出てくると写経になってしまう自分には早いと思い、一旦保留。

UnityはC#だけどその前にC言語

 UnityはC#を使います。けれどネットで色々調べると、「後々のためにC言語をやって基礎を固めておいたほうがいい」というエンジニアの話を何度か目にしました。

私も今後pythonやjava scriptなど他の言語を学びたいと思っていたので、せっかくなのでC言語を気合を入れて勉強してみることにしました。

教材は「苦しんで覚えるC言語」、通称・苦C。書籍も販売されていますが、サイト上に無料で公開してくれているので、そちらを利用しました。

苦しんで覚えるC言語

苦しんで覚えるC言語

  • 作者:MMGames
  • 発売日: 2018/09/14
  • メディア: Kindle版
 

 一通りさらうのに2週間くらいかかって、その名の通り苦しかったです。

ノートを取る際の万年筆のインクの美しさだけが心の救いで、最近のお気に入りはエルバンのグリヌアージュとビルマの琥珀、それからセイラーの蒼墨の3色づかいをしています。

もはや最後のほうは、ノートを取るためにC言語をやっているんじゃないかと思うほどでした。

Unityをさわってみてよかったこと

最後に、Unityをさわってみてよかったことを書いておきます。

①3Dモデリングを始めるきっかけになった

②Javaの勉強がサクサク進む

blenderをはじめられた

別サイトでイラストを描いていて、練習しているけれどなかなか思うように上達しません。

難しくて複雑なことを、できるだけわかりやすく楽しく読んで欲しい。そのためには、マンガや絵が描けたらいいなあとずっと思っています。

描けないけどマンガやイラストを作りたい人にオススメなのが、3Dモデルを使うことらしいです。

背景や小物、さらにはキャラクターまで、3Dモデルを使えば写真を撮るように作画出来てしまうのです。

 私の場合、Unityを触ることによって、Mayaやblenderなどを使った3Dモデリングに対する心理的ハードルが一気に下がりました。

おかげで今はblenderを勉強しています! XYZ座標なんかは「ふりがなプログラミング」ですでに習った内容だったのですんなり理解出来ました。

テキストは、超初心者でもつまづかないと評判だったので「Blender 3DCG モデリング・マスター」を使っています。 

Blender 3DCG モデリング・マスター

Blender 3DCG モデリング・マスター

  • 作者:Benjamin
  • 発売日: 2016/11/19
  • メディア: 単行本
 

 説明に使われているバージョンが古いせいで、本に出てくるツールがあったりなかったりするけれど、ググりながら勉強中。いい本。

C#を勉強したくなった

言語のほうは、今はなぜかJavaを勉強しています。おそらく今回も、「基礎固めにはJava」みたいな先人のアドバイスに従ったんだと思います。

けれど、だんだん言語の習得がラクになってきているので、「C言語→Java→?」のような進み方でも、そう悪くないような気がします。

急がば回れ、というのは、英検1級を取得するときに学んだ知恵。基礎をおろそかにすると後半で伸び悩むので。

まどろっこしいことをしながら、C#の勉強を目標に今はJavaを学んでいます。

テキストは、評判のよかった「スッキリわかるJava入門 第3版 」。わかりやすい。 

スッキリわかるJava入門 第3版 (スッキリシリーズ)

スッキリわかるJava入門 第3版 (スッキリシリーズ)

 

 まとめ

Unityの勉強は楽しいし、テキストを選べば小学生でも独習が可能。

ゲームを作りながらUnityの使い方を学ぶことで、プログラミングがどのように役に立つのか知ることができます。

Unityを一通りやったうちの子は、今Photoshopを独習しています。Unityと操作が似ているらしく、サクサク進めています。