蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

勉強の下ごしらえに最適! 子どもの好奇心を刺激する、おすすめ教育番組5つ♡①

ちわー 蜜です♡

小さい子でも楽しめるのに高校の範囲まで扱ってる科学系教育番組

教育番組って面白い! 自分も子どもの頃、教育番組って好きでした。低予算な感じとか、他局に比べればちょっと地味であることは否めないんですが。でもぎゅっと内容が濃く、純粋に生物の不思議や自然現象の不思議を映像で学べて、とてもためになりました。

 

結婚して子どもが大きくなってきて、最近また教育番組にお世話になるようになりました。改めて大人になってから、教育番組を見て気付いたこと。

 

科学系の教育番組ってさりげなく高校の範囲まで扱ってるのに、小さい子でも楽しめる!!

 

映像が美しく、わかりやすいから小さい子でも夢中になってしまう、ミクロワールドや大科学実験などの科学系教育番組。もちろん理論までは詳しく説明しないけど、扱う内容は高校の生物、物理(化学はとってなかったからわからない)の範囲までおよんでたりするんです!

 

最近絵本についてこのブログで記事書いてて、そこで長男が理系の幼児なってしまったエピソードを書きました。それ書き終わって気付いたんですけど、彼が理系になったのは絵本を大量に読んだおかげでもあるけど、科学系の教育番組が好きだったからかも知れません。

 

あー、でもこれはニワトリが先か卵が先かと言いますか、生まれつき理系の子だったから科学系の映像に釘付けだった…って可能性もあります。絵本やテレビ番組を見せたから、興味や情熱が増しただけなのかも。

科学系教育番組見せておくと、理系の科目勉強するハードルが下がる

ただ言えるのは暇な時間に科学系教育番組を見せておくと、いざ理系の科目勉強させようと思ったときにハードルが低いです。そしてこれは私の個人的な考えですが、高校までの数学と生物に限っては、小さい子でも噛み砕いて教えればたいていのことは理解できてしまうと思います。

 

もちろん暗記や計算の練習は別に必要ですが、たとえば生物だったら血液の循環と赤血球の働きとか、DNAの構造やそれが子孫に受け継がれる仕組みなど、イラスト使えばかなりきちんと教えられます。

 

あと数学はⅠA、ⅡBの範囲だったら、基本「どっちが大きい?」「xはこの範囲に入ってる?」「これって交わってる? どこで?」など、小さい子でもわかる内容ばっかり。ただ問題文が難解だし、計算方法や定理の暗記が必要。けど図解してしまえば内容自体はシンプルです。

算数は先取り学習が比較的カンタンな科目

だから面白くてわかりやすい映像さえあれば、まだ年齢が小さくても算数に関してはどこまでも先取り学習ができると思うんです。もちろん計算問題は地道な練習が必要ですので、テストの点がすぐ上がるかどうかはわかりません。

 

でも「さんすう犬わん」や「算数デカ」などの教育番組の、苦手意識を取り除き「なんだ、算数ってカンタンなんじゃん」って子どもに思わせる効果は絶大です! 長男はよく「こんな問題、カンタンだよー」と言って、間違えます。

 

すぐ満点取る必要なんてない。大事なのは、「オレは出来る! こんなのカンタン!」という自信とやる気。こういう子はすぐ結果が出なくても、長期にわたって安定して(たぶん)伸びます! 子どもが妙に自信満々なほうが、「出来ないよー」っていう子教えるより、きっと親もラクだと思います。

 

オススメの教育番組

大科学実験

大科学実験DVD-Book 空飛ぶクジラ

大科学実験DVD-Book 空飛ぶクジラ

 

 

3才から楽しめる、本格的な実験番組です。長男はこの番組が大好きで、もう4年くらい繰り返し繰り返し見ています。全実験数は今、50くらいかな? うちに録画してあるのは20~30実験くらい。それを覚えるまで何度も見ています。

 

たとえば「バイクを深海に沈めたら?」とか「塩の結晶でウェディングドレスって作れる?」「レモン果汁でレモン電池を作って、それで人が乗ったレーシングカーは動かせるの?」などアホっぽい実験が山盛り。大人が見ても楽しいです。 

 

録画するとき予約がめんどくさいのが玉にキズ。リストを見ると、土曜の夜、火曜の朝、金曜の昼と放送時間がばらばら。↓

放送リスト | 大科学実験 | NHK for School

 

ミクロワールド

 

 

この番組は一応、火曜の10時10分~15分って毎週同じ時間で放映してるらしいけど、うちでは録れたり録れなかったり。これはうちの機器の問題かも知れませんが、インターネットで見るのが手っ取り早いです。↓

 

ミクロワールド [理科 小中高]|NHK for School

 

たった5分の番組で、内容も普通に高校の生物の範囲まで扱います。でも映像がきれいなので、とても楽しいです。うちの長男は4才くらいから楽しめました。粘菌の生態なんて、あんまりお目にかかれないような不思議で美しい映像。

 

私はダンゴムシが死んだあと、どう分解されて生態系にふたたび還元されるのかって映像に感動しました。死んだら森に還る… まさに過去から無限に続いてきた、生物たちの壮大な物語の一幕です。生きるとは何か、死ぬとは何か考えさせられる映像でした。

 

ちなみに↑の回は2014年以前の放送だったらしく、今探したらありませんでした。

 

DVD出てたなんて、知らなかった! 欲しい! 

 

 

時間DEATH!

全部書き終わる前に、お時間が来てしまいました! 続きはまた明日♡

 

以上、蜜でしたー

 

好かれる人の秘密② まずは男ウケを狙って - 蜜の国

モテる人必見!女の嫉妬の上手なかわし方② - 蜜の国

もうニキビで悩まない!顔中血だらけだった私を救った方法とは - 蜜の国

美人とブスへの対応の違い - 蜜の国