蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



絵本300冊買ったんだけど、その中から特に息子たちに人気がある絵本を紹介する②

こにゃにゃちはー 蜜です♡ 

 

昨日の続き、購入した300冊の絵本の中から、特に息子たちに人気のある絵本を紹介していきまーすー 

 

第6位以降はみんな、同列です。1~5位がトップクラスの人気の絵本で、6位以降は次に人気の絵本。

 

はい、じゃいっきまーすー

⑥ちのはなし (かがくのとも傑作集)

ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

ちのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 

私も小さい頃、父に読んでもらった「ちのはなし」。2,3才の子から理解できる、血液の仕組みと役割のお話。 子どもが転んだりして怪我をしたときにこの本を開いて、「血っていうのはね、血管が切れるから出るんだよ」と説明してあげると喜びます。

 

f:id:blissfulness:20150812174330j:plain

 

↑中身はこんな。グロいわけではないし、線が太くて小さい子にもわかりやすい。

 

ちなみに福音館さんが出してる「かがくのとも」って雑誌があるんですけど、それを絵本として出版したのが「かがくのとも傑作集」です。

 

有名な絵本に、こんなものも↓ みなさんもどれか子どもの頃、読んだことあるのでは?

 

かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

かさぶたくん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 

 やぎゅうげんいちろうさんの絵本には、独特の「こどもの世界」があります。ちょっと絵や文にクセがある。私はあまり好きじゃないかな… でも子ども達に「かさぶた」について説明するのには、いい本。苦手っていいながら、彼の本をあと3,4冊持っています。

 

はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

はははのはなし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 

子どもに人気のある、かこさとしさんの本。虫歯になるとどうなるかリアルに描かれていて、なにげに怖い本です。歯が悪くて体が弱ってしまった人とか、すべての歯が末期の虫歯の子どもの絵など、恨めしい表情がとても不気味。

 

かこ先生のからすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)なんかも、うちでは人気です。

 

ばばばあちゃんのアイス・パーティ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

ばばばあちゃんのアイス・パーティ (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)

 

 

今、夏だからか? ちょうどこの絵本、毎日「読んで」と言われます。お茶にお菓子にゼリーにおもちゃ、なんでも凍らせてアイスパーティーをしようねってストーリー。スーパーに売っているお菓子が多数登場。子どもたちは絵を見てるだけでも、楽しいようです。 

 

⑦おばけやしき 

おばけやしき (大型しかけえほん)

おばけやしき (大型しかけえほん)

  • 作者: ジャンピエンコフスキー,Jan Pien´kowski,でんでんむし
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 大型本
  • クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 仕掛けが複雑で、よく出来ています。めくったり開いたりする単純な仕掛けに加え、回転させたり引っ張ったりする、複雑な仕掛けも多い。精巧で動く紙細工は、大人でも欲しくなってしまう。

 

不気味でグロい絵。でも小さい子どもには、多少インパクトのあるもののほうがウケる。怖いストーリーだけどどこかまぬけな雰囲気があって、怖がりな子でも最後まで楽しんで読める。↓ 

 

f:id:blissfulness:20150812175322j:plain

 

↑これはおばけのホテルのキッチンの様子。タコがシンクで皿洗い。冷蔵庫を開けると、ナポリタンがどばっと出てくる。中央のカエルが何をしてるのかは不明だけど、黄色いオーブンを開けると中にデコレーションケーキが入っている。おい、生クリームは焼いたあとにトッピングするんだよ!

 

⑧ ぶたのたね 

ぶたのたね

ぶたのたね

 

 

走るのが遅くてブタを捕まえられないオオカミが、キツネ博士から不思議な種をもらって「ブタのなる木」を育てるというストーリー。↓ブタがなったところ。

 

f:id:blissfulness:20150813042609j:plain

 

こんなにブタがなったのに、結局オオカミは運悪く、一匹も捕まえることが出来ませんでした。

 

これは次男が3才のとき、どハマりしました。なんとなく全体的に謎が多くて、たしかに何度も読みたくなる。どこかゆるくて、突っ込みどころが満載の本。

 

⑨わにさんどきっ はいしゃさんどきっ

 

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

 

 

虫歯が痛むわにさんと、それを治療するために奮闘する歯医者さんとのやり取りを描いた本。全てのページ、見開きで二人は同じセリフを言うっていう変わった絵本。

 

たとえば↓ わにさんは「(虫歯の治療が痛そうで)こわいなぁ…」。それに対して歯医者さんは「(わにの口に手を突っ込んで治療するのが)こわいなぁ…」。でもセリフは同じく、「こわいなぁ…」なんですよね。

 

f:id:blissfulness:20150813043503j:plain

 

言葉を覚え始めた小さい子にもウケるし、小学生にもウケます。シャレの効いた絵本。

 

⑩たまごにいちゃん

 

たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

たまごにいちゃん (ひまわりえほんシリーズ)

 

 

ひよこの時期はもうとっくに終わったのに、まだまだかわいい(?)たまごでいたい「たまごにいちゃん」。もうとっくに大きい弟だっているのに、彼はまだ赤ちゃんのままでいたいのです。

 

↓ひよこの弟より小さいたまごにいちゃん。でもちゃんと弟の遊び相手になってあげる、優しい子です。

 

f:id:blissfulness:20150813044113j:plain

 

ある日、ひょんなことから卵にヒビがはいってしまい、図らずも成人してしまうたまごにいちゃん。今までの自分も好きだったけど、新しい自分も好き…。ほのぼのしたかわいい絵本です。

 

下に新しく兄弟が出来たおにいちゃん、おねえちゃんに読んであげたい本。無理に背伸びしなくていいんだよ、ゆるゆるのんびり大人になればいい… そういうメッセージを伝えられそう。だけどこの本、長男はあまり関心を示さなかった。3才の次男がハマった。

おしまい

まだまだ人気の絵本はあるのですが、キリがないのでこのへんで終わりにしたいと思います♡

 

以上、蜜でしたー

 

男性が職場の女性のファッションを「おかしい」と思いながら注意出来ない3つのわけ - 蜜の国

知的な女性になってモテ度をアップ! ヘビーな本を手軽に読む方法をお伝えするよ② - 蜜の国

無防備にネットに個人情報出したら、誰が見てるかわかんないし危ないよね - 蜜の国

ママ友と付き合わないことで生まれる3つのメリット - 蜜の国