蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

絵本300冊買ったんだけど、その中から特に息子たちに人気がある絵本を紹介する①

ばわー 蜜です♡

 

昨日に引き続き、絵本多読のお話です。小さい頃から大量に絵本を読ませた結果、なぜか理系の幼児に育った長男。その凄すぎる効果を目の当たりにして、うちにも大量に絵本を置くことにしました。

 

いやね、二人の息子が小さい頃は手軽に図書館に通えました。でもだんだん二人のおしゃべりがうるさくなり、自転車に乗せるにも体重も重たくなり、親も日々体力が削られるようになって… 「買ったほうがラクだ」って結論にいたった。

 

そろえもそろえた、絵本の蔵書は今や300冊以上! めんどくさいから数えてないけど、毎回70冊注文ってのを4回は繰り返した。あと毎月なんだかんだと本、さらに買い足してます。だからだいたい今うちには、絵本300冊はあるかなー。

 

はい、その中でも息子たち二人が、特に繰り返し読みたがる絵本をご紹介しますね♡

 

ちなみにうちの息子の年齢は、長男6才、次男は3才です♡

うちの子が選ぶ! 何度でも読みたい絵本!

10冊に限定しようと思ったんですけど、収まりませんでした笑 人気がある順に、20冊くらい紹介しようと思います。

第一位 もこもこもこ

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)

 

 小さい頃に買ってあげた絵本。字なんかほとんどない。シュールで意味不明。でも長男は今でも「もこもこもこ」が一番好きだといいます。

 

f:id:blissfulness:20150812042643j:plain

 

↑うちの「もこもこもこ」。読みすぎて、崩壊寸前。数ページないので、長男からは「もう一度買って」ってせがまれている。でも内容、こんなだよ?↓

 

f:id:blissfulness:20150812042755j:plain

 

見開きで、「ぱく」の2文字しか書いてない。親としては、年齢的にもっと字のある絵本を読ませたい。でも子どもに大人気の絵本です。なにげに文は詩人の谷川俊太郎さんが書いてる。

第二位 100かいだてのいえ

100かいだてのいえ

100かいだてのいえ

 

 

 ↑やたら何度も「読んで♡」とせがまれる本。「この階には〇〇がいてー、頂上でなんかイベントあってー」という、私には至極退屈な内容。覚えられない。でも長男には大変楽しいよう。同シリーズ、ちか100かいだてのいえもお気に入り。親にはつまらねえけど。 

 

たてに長く開く本で、昔はやった「ウォーリーを探せ」のように「かわったことしてる動物たちを探す!」みたいな使い方も出来るんだそう。やらないけど。親は読むだけで必死。なんか絵もごちゃごちゃしててかつ単調に感じるけど、幼稚園でもみんなに人気だって長男が言ってました。

第三位 のりもの(はっけんずかん)

のりもの (はっけんずかん)

のりもの (はっけんずかん)

 

 

うちのはっけんずかん。読みすぎて、またしても崩壊寸前。↓

f:id:blissfulness:20150812043151j:plain

 

ガムテープ貼ってるのに、ページが取れそう。

 

f:id:blissfulness:20150812043232j:plain

 

色んなところがめくれます。かわいいイラストなのに、説明は結構本格的。親の私も「へぇー こんな仕組みなんだー」と感心。3才児のハードな使用にも、なんとか耐えられる丈夫さ。めくる仕掛け、全部は破れてないよ! 丈夫なほう!

 

はっけんずかんは他にも持っていますが、人気なのは断然この「のりもの」です。他のどうぶつとか海のいきものなんかは、あんまり人気がない。

第四位 うんちしたのはだれよ!

うんち したのは だれよ!

うんち したのは だれよ!

  • 作者: ヴェルナーホルツヴァルト,ヴォルフエールブルッフ,Werner Holzwarth,Wolf Erlbruch,関口裕昭
  • 出版社/メーカー: 偕成社
  • 発売日: 1993/11
  • メディア: 特大尺寸
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (31件) を見る
 

 

うんち大好きな子ども達。テーマがうんち&仕掛け山盛りのこの絵本。うんこと仕掛け、小さい子が好きなものの2大巨頭が手を組んだ! 当然、ボロッボロです。↓

 

f:id:blissfulness:20150812043614j:plain

 

またしてもガムテープ登場。

 

f:id:blissfulness:20150812043641j:plain

 

主人公のもぐらくんの頭の上に、ある日うんこが降ってきた。怒った彼は犯人を捜し始めるというストーリー。動物のさまざまなうんこについて学べて、その秀逸な擬音に子ども達大興奮。

 

↑のページ、仕掛けが取れてしまっています。てか、ほとんどのページの仕掛け、なくなっています。小さい子向けの本なのに、紙が薄い。仕掛けが取れてほとんど絵がないページでも、「読んで♡」とせがむ子どもたち。愛が深い。 

第五位 しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)

 

 

定番、しろくまちゃんのほっとけーき。やっぱりうちでも大人気。読みすぎてぼろぼろ↓

f:id:blissfulness:20150812045124j:plain

 

普段子ども達には見ることのない、ホットケーキの焼けるようす。それが克明に記してある貴重な絵本。↓

 

f:id:blissfulness:20150812045206j:plain

 

有名ですよね。Tシャツや雑貨にもなってる本。たしかにかわいい。子どもたちには、この焼けるようすを描いたページが、特に興味深いらしい。

 

あらー 5冊紹介したところで、時間が来てしまいましたー

続きはまた明日♡

 

以上、蜜でしたー

 

LOVE理論から学ぶ、女のコの本音 - 蜜の国

モテキ書いてる久保ミツロウって天才 立体の現実を平面に描きとめようとするピカソ的マンガ家 - 蜜の国

モテる女のファッションとは計算された究極の「普通」 - 蜜の国

なぜあの子は知らないうちに他人の気持ちをふみにじってしまうのか① - 蜜の国