蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



「読んでよかった!」と思わせるブログを書こう! 読者の心を立体的に捉えるには

ちわー 蜜デス!

 

今日もアクセスアップを狙うブロガーさんに向けて、「読者に深い満足を与える記事の作り方」について、私が実践していることをお話ししたいと思いまーすー

「読んでよかった!」と思わせる記事の作り方、3step♡

①自分の利益より、読者の利益を優先して文章を書く。

②自分のブログの読者層の人々はどんな思考法をして、どんな欲望、不安を持ってやってくるのか、丁寧にリサーチする。

③彼らにとって役に立ちそうな情報を集める。噛み砕き、解説や感想を入れ、自分のブログの読者の方にとって、その情報がもっとも理解しやすい形になるように加工して提供する。

 

こんな感じです。

 

はい、じゃ1番から詳しく説明してみーまーすーねー レリゴ!

 

step1 自分の利益じゃなくて、読者の利益を一番に考える

誰だって聞いて欲しい話、叫びたい主張の一つや二つ必ずあります。ブログはそういう気持ちを吐き出したい人にとっては、非常に便利なツールです。だって書いてるときは誰も文句をつけてこないし、自分勝手に好きなときに全世界に発信できるんですもの。

 

でも自由だからこそ、アクセスアップを狙う人は慎重にならなくてはいけません。あまりにもひとりよがりな文章、主張では、ファンは思うように増えていかないからです。共感者を増やしたかったら、自分のためだけに文章を書いてはいけません。

 

ネットを通じて読者の方と、楽しさや役に立つ情報、不満や問題を共有する気持ちを持って、文章を書いてください。目の前に本当に読み手がいて、一緒になって一つのブログを作る気持ちで文章を書いてください。

 

こういう意識を持つだけで、あなたのブログは読み手にとって親しみやすく、柔和な印象になるはずです。

他人の利益を願うことは、自分を殺して媚びることじゃない

「読み手の顔色ばかり伺ってたんじゃ、言いたいことが書けなくなるかも!」

 

そんな心配をしてる方はいらっしゃいませんか? 

 

大丈夫、あなたの主張もちゃんと記事の中に織り込めます。読者の利益に貢献することは、彼らに媚びて自分の意見を殺すことではありません。言いたいこと言ってもいいのです。ただそれが読者の方の利益になるように、言い方を工夫して書いてください。

アクセスアップとモテの原理は一緒

人が喜ぶ顔見たくて頑張ってたら、知らないうちに自分も楽しくなってた。夢中で人に尽くしてたら、いつのまにかそれに見合う収入がもらえるようになってて、「すごいね」って周りから褒めてもらえるようになっていた。

 

私の場合、ネットを現実の延長として捉え、普通にいつもどおり上のように人を気遣ってただけで、満足する成果が出ました。実は私が思う「リピーターを増やすこと」と、「モテること」の原理はまったく一緒です。

 

「人のために役に立ちたいと願う」

 

ただこれだけです。自分のありったけの力を使って、人が喜んでくれることをする。でもこれは「私って性格がいいんだよ♡」って言ってるわけじゃありません。

 

1、自分のしたいことを、周りを無視して押し通そうとする→周囲から大反発。小さな希望も通らない。

 

2、人の利益を優先して、自分のことは後回し→いつも褒められ、ちやほやされ、感謝され、気がついたらいつも特別待遇。

 

この2つのルールを経験的に知っていて、いつも2番の方法で行動してるだけです。別に性格いいとか、悪いとか関係ないです。どう考えても2番のアプローチのほうが成功率が高いし何かと得なので、小さい頃から当たり前のようにいつも2番のやり方で行動してきました。

 

あれ? これって書くほどのことじゃないような気がだんだんしてきました。当たり前すぎますかね…? でもね、ブログ運営もいつも通り「人のために尽くす」ってやってただけなので、これ以上書き表しようがないんですよねー… もっと面白いこと言える才能が欲しい。すみません…

文章を書くのは自意識との戦いですね

人の気持ちを優先して、自分の欲望はあと回し。

 

これは口で言うのは簡単ですが、結構難しいです。なぜなら自分の心を見つめることは、案外難しい作業だから。

 

「私は今、会話の途中で不安感に襲われて、相手の気持ちが見えなくなってる!」とかって逐一自覚できれば、「ダメだよ…私! 今自分のプライドを守るために、結構この子にひどいこと言っちゃってるよ!」って注意出来ますよね。

 

でも多くの人は、自分の無意識の心の動きを毎回自覚出来ません。みんな「知らないうちに」人を傷つけ、「自覚はないけど」人を馬鹿にしてしまったりするからです。

 

感じのよい文章を書くには、こういう無意識に起こる良くない心の動きにも注目し、丁寧に記事から排除していかなければなりません。私は気を抜くとすぐ攻撃的になったり、自慢したくなったり、賢く見せたくなったりと、色んな欲が出てきます。

 

読み手の鼻につくような表現は、極力取り除くように気をつけています。せっかく有益な情報を提供しようと頑張って記事書いたのに、わざわざそれを汚く粉飾してしまってはもったいないです。

 

読み手のために、限りなく透明で親切な存在になりたい。いつもそう思いながら文章を書いています。たぶんこれも、リピーターを増やすのに有効な方法だと思います。

 

「こいつ調子に乗ってる?」「はいはい、もういいよその主張はさぁ」「へぇ? それってあんたの周りじゃウケてるネタなの?」って頻繁に思わせるような文章。これを毎日読むのはキツいですから。

 

あー…。大変ですよねー、文章書くのって…。

step2 読者の思考パターン、欲望や不安を理解する

もしあなたが読者の方とのよく交流するんだったら、まずは彼らのブログを熟読してみてください。何を悩み、どんな情報を求め、どういう視点で物を考えるのか。

 

特に積極的に関わってきてくれる人。その人はきっとあなたにシンパシーを感じてる人です。きっとあなたのブログの一番の理解者になってくれます。彼、あるいは彼女のブログをよく読んでみてください。そしてその人の役に立つような記事を書いてください。

 

その人の後ろには少なくとも5000人くらい、考えの似た人たちがいます。あなたが特定の一人に語りかけるように記事を書いていても、彼らは敏感にメッセージを受け取って、あなたのもとに集まってきます。

 

あ、でも頻繁に名前を出したりはしないほうがいいです。いっきに内輪で楽しんでる感じに見えて、後から来た人が仲間に入りづらくなりますから。ドアは世界に向かって広く開けて、でも内容は超個人的に。

質問サイトや2ちゃんねるのまとめ、書籍で「読者の悩み」の全体像を補う

読者のかたのブログ以外にも、発言小町や知恵袋、まとめサイトに寄せられたコメントなども参考になります。私は読者のかたのブログだけで、その人の心を判断しないようにしています。

 

なぜならブログには、その人が「書ける範囲のこと」しか書いてないからです。たとえばブログに「モテなくて辛い」って書いてあったとします。きっと本人はそれが自分の「悩み」だと思っているんだと思います。

 

でも本当にそうでしょうか? 本当に彼女の悩みは「モテないこと」なのか? 私の目標は、セリフの裏に隠された心の動きに目を向け、読者にとって「ちゃんと利益になる情報」を提供することです。 

 

口では「モテれば私は救われる」って本人が言ってても、実際は自己肯定感が足りないのが問題なんであって、モテはあんまり関係ないかもしれない。こういう人の場合、いくら努力の結果男性にモテるようになったって、満ち足りた気持ちにはなれません。

 

モテないと嘆く人にとって必要なことは、「モテるってことが、幸せと直結するわけじゃないと知ること」だったり、「実は周りから大切に思われてるのに、それをキャッチできない自分の心に気付くこと」だったり、単なる「モテるようになる情報」ではない可能性が高いです。

 

じゃあどういうアプローチだったら、私はこの人の利益に貢献出来るのか。どうすれば、この人を少しでもラクな気分にしてあげられるか。それを見極めるために、ネットや本で知識を補います。

 

ブログはじめて半年、人の心を理解するために買い足した本の一部。↓

f:id:blissfulness:20150723172225j:plain

 

いつもパソコンの横において、書きながらすぐ参照できるようにしています。どんな文章だったら、すーっと心の奥まで届けることが出来るか。辛い現実を書かなくてはならないとき、どんな言い方なら読者のかたを傷つけずに有益なメッセージを届けられるか。

 

同じこと言うにも、心の表面で跳ね返されてしまうときもあれば、奥深くまで届くときもある。相手の心のどの層に届くかは、アプローチの仕方次第で変わってきます。読んだあとに行動を起こすレベルまで、読者の心を動かすこと。熱意を届けること。

 

思いは必ず伝わります。あなたの思いが熱ければ熱いほど、意見が合わない人がどんどん去っていくメリットもあります。つまり自分がウザい側の人間になってしまうことで、たいして記事の内容に関心ない人が巻き起こす、ムダな炎上も避けられるのです。

まとめ

・アクセスアップを狙うなら、読者に「読んでよかった!」と思わせる記事を書く。

 

・他人の利益に貢献することが、結局は自分の利益にもつながるのだと意識する。

 

・自意識や欲望と徹底的に向き合い、読者の思考の邪魔になる「鼻につく表現」を排除する。

 

・読者の方のブログを読んだり、エッセイやマンガなどを読んで、人の心を立体的に捉えられるように努力する。

 

・その上で自分に出来ることは何か、読者の利益を増やす適切なアプローチはどんなものか、考えながら記事を書く。

 

以上、蜜でしたー♡ あ! step3まで今日はいけませんでしたね!

 

実践的なアプローチの仕方については、明日詳しくお話したいと思いまーす。

 

美人とブスへの対応の違い - 蜜の国

一緒にいて楽しい人になる方法!会話が楽しくなるコツ教えます - 蜜の国

「料理上手はモテる!」女子がそう勘違いする瞬間を目の当たりにした話 - 蜜の国

モテない男性を傷つけずに邪険にする方法がわからない - 蜜の国