蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

知的な女性になってモテ度をアップ! ヘビーな本を手軽に読む方法をお伝えするよ①

こんちはー 蜜です♡

 

今日は「知的な女性はモテるよ」ってお話と、「軽負荷で大量にヘビーな古典や評論を読む裏ワザ」をお伝えしたいと思います。

 

はい、じゃさっそくねー

 知的な女性はモテますよ

みなさんはどういうときに男性が「なんて知的な女性なんだ…! 結婚しよう!」ってなると思いますか? 

 

意中の女性が高学歴だと知ったとき? 深い知識と洞察力を持ってるとわかったとき? それとも鋭い意見を言ったときでしょうか?

 

もちろんそういう女性は魅力的です。でもいつもお伝えしているように、モテとはつまりコミュニケーションの結果生まれるもの。

 

蜜はですね、

 

・男性が自分で「難しいこと言えたなー」って思ってそうなときに、そのツボをついた褒め方や相手の気持ちに寄り添うような相槌を打てる女性。

 

・男性の「この分野について、もっと掘り下げて話したい」って気持ちを見抜いて、上手に会話の流れをコントロールし、男性が話した内容について感心したり上手に質問したり出来る女性。

 

・もし誰かが間違ったこと言ってたとしても、それを指摘せずに黙ってられる女性。またその人を傷つけないように配慮しながらも、間違えたところを上手に訂正してあげられるような女性。

 

(たとえば会議で、間違ったデータを誰かが発表してしまったときなど。さりげなく男性のプライドを傷つけないようにフォローを入れられる女性は、男性から一目置かれます。てか頭が上がらないと思います) 

 

こういう女性たちが、男性から「なんて知的な人なんだ…! 結婚しよう!」と思われてると思います。

 

なぜかと言うと上に挙げた行動は、相手の知的レベルと同等か、それ以上の力がないと出来ないことだからです。

 

相手の発言の意図を、瞬時に掴むことの出来る理解力の高さ。

その場で相手の好むリアクションを思いつく機転力。

感情にまかせてただしゃべるんじゃなくて、論理的に会話が出来、さらに相手が心地よく話せるように場をコントロールする力。

 

少なくともざっとこういう力がないと、出来ない行動だからです。

 

そうそう誰でも出来ることではないです。

 

でもね、努力すれば誰でもあるていど、伸ばすことが出来るんですよ。

 

他人の心に対する想像力の範囲を広げ、人の行動のパターンを大量に頭の中にストックし、どういう行動をしたら他人が喜ぶのか知識として知ってればいいのです。

 

読書がその助けになります!!

 

知的でモテる女性になりたかったら読書がオススメです

なんで本読むとモテるのですか

ツボ押さえた褒めかたが上手になるから

人間関係をスムーズにするのに、褒める技術は必須です。でね、ツボを押さえた褒め方するといいわけですけど、人はみんな性格が違うし、生きてきた背景が違います。

 

ここは想像力をいっぱい働かせて、「この人、どんな理想を持ってるんだろう? どこにプライドを持ってるんだろう? コンプレックスは何だろう?」とまず探ることからはじめます。これをツボを探るといいます。

 

ツボは一人ひとり違います。「この人何考えてんのかわかんないなー」って思って接してたんでは、心の通ったコミュニケーションは難しいです。これでは一方的に話してるのと同じ。相手の心に響く話し方が出来ません。

 

「大体こんなこと考えて、こんな心配しながら今この話してんだろ」ってあなたが思える状態がベスト。大丈夫、人の思考にはパターンがありますから、大量に読書するとだんだんと見えるようになります。

  

本を読むと、さまざまな時代に生きる、さまざまな立場の人が登場します。彼らは悩んだり苦しんだり、喜んだり理想に燃えたり色々する。蜜は小さい頃から読書が好きでしたが、これが大変人間関係に役に立った。

 

「えーっと、いつも集団で行動してて友達多いタイプの男性は、意外と初対面人見知りで、慣れないと他人の目を見つめることさえ出来なかったりする。でもいったん懐に入ってしまえば、愛情深く世話してくれるタイプ。

 

今知り合ったばかりのMくんの行動は、見た感じこのタイプの人みたい。

 

彼の警戒心を解くために、出来るだけ早い段階でこちらのプライベートを開示して、懐に飛び込んだように見せると早く仲よくなれるだろうなぁ」

 

「んー、特殊な趣味を持ってて自分の世界があるタイプの男性は、いつもわずかな孤独と優越感を他の男性のあいだで感じている。そのこだわりとさみしさを理解してくれる母性的な女性を、いつも無意識に求めている。

 

さっき挨拶したGさんは、きっとこのタイプの人。優しく話を否定せず、趣味に対して理解を示すと早く仲よくなれる。ただコレという女性に出会うと惚れっぽいたちの人だから、注意して距離を取りながら会話しよう」

 

みたいにね、いっぱい頭の中にストックが出来るよ。

 

今は一生懸命頭の中を文章にしたけど、普段は特に考えてる意識ないよ。ただ直感的に「こうすればいいや」ってやってる。

 

本たくさん読むと、そのまま経験値が読んだ本に比例して増えていくよ。もちろん現実の体験が一番強い。でも冷静に観察&分析できなきゃ、いくら経験したってちゃんとストックにはならないんだよ。

 

小説でも評論でも、本書いてそれが売れる人っていうのは、たいてい頭がよくて人間観察も分析も上手な人が多い。ときに読書は自分自身のリアルな体験より、上質な経験をくれたりする。疑似体験でも真剣に読めば、ちゃんとストックは増える。

困難な状況にも負けない冷静さを身につける

書いた人の心まで汲み取るように読書をすると、他人の人生をそのまま追体験できます。人生にはピンチがつきもの。読書をするとたくさんの修羅場や、難問を解決した経験を疑似体験出来ます。

 

これが現実にどんないい影響があるかっていうと、いざ自分がピンチに陥ったときに冷静でいられます。それがはじめての困難であったとしても、頭の中に読書で培った先人の知恵があるからです。

 

もちろん解決するのは自分自身だし、たくわえた知識から答えを見つけられるわけじゃない。でもね、読書で培われた冷静さは、ピンチのときにすごく強い武器になります。いつもはカンタンに出来ることも、混乱するとなぜか全然出来なくなりますから。

 

つまり読書でピンチをたくさん疑似体験しとくと、「ピンチ慣れ」が生まれるので、実際自分がピンチのとき落ち着いて普段の能力が発揮しやすいってことです。

 

冷静な女性は頼もしいので、男性を惚れさせるのに有利です。もしあなたの冷静すぎる様子に男性が引いてたら、適当にあたふたして見せればOK。どうせ男性だってパニックな状況なんだから、あなたのザルい演技でも見抜かれません。

 

あとね、たくさんの人の物語を読むと、なぜか人生に対して自信が湧くんです。彼はあんなたいへんな苦難だって、仲間と一緒に乗り越えた。私にも支えてくれる人がいる。だからきっと大丈夫!って思える。まさしく本はともだち♡

打てば響くような反応ができるように

「バカな女性がモテる」ってよくネットでも情報を目にしますが、本当に相手がバカだったら、男性は話してて苦痛だし空しいと思います。

 

もちろん「アホに見える女性」「ときにはバカになれる女性」はモテますが、本当にバカでアホだったら、モテないと思います。

 

f:id:blissfulness:20150718041833j:plain

(引用:闇金ウシジマくんの名言集 - NAVER まとめ

 

話が通じない、何度も同じこと繰り返し言う人を相手にするのは、誰でも苦痛です。顔面かわいくても、やれてもそれは同じこと。まともに話せる人がいいに決まってます。

 

多くの男性は自分語りが好きですが、やっぱり優しい反応と尊敬のまなざしが欲しいのです。だから自分の話の奥深さやすごさをわかってくれて、打てば響くような反応をしてくれる女性を好きになってしまいます。

 

相手の話を理解してなかったら、相槌にも身が入りません。あなたがもし「この人の言ってること意味わかんないけど、『すごいー』って言っとけばいいんでしょ」って思ってるとしたら、それは相手をバカにしすぎです。

 

まともな男性だったら、そんな茶番すぐ見抜いてしまいます。

 

打てば響くような反応というのは、リアクションがでかいという意味じゃないですよ。相手の発言の背景の思想まで読み取り、相手が見る理想を一緒に眺めてあげるってことです。

 

これは「理解してるよ」って言葉に出さなくても、なんとなくタイミングや視線で伝わるものです。うーん、具体的に説明するの難しいんだよねー マンガにしたら、こういうのもちゃんとお伝え出来るのかな? 

 

知性大事だよ!って言っときながら、つたない文しか書けなくてごめんね… 

 

いや、蜜のことはいいんですよ。みなさんが力強く羽ばたいてくれることを願っています!!(そして将来いい女に成長した読者の誰かが息子の妻になればこれ幸い ぐふぇー)

 

いひゃだ! もうこんな時間!

あらま、ざんねーん。今日はここまでです♡

次回はさくっと読めるオススメの本を、ご紹介したいと思います。 

 

以上、蜜でしたー

ブスだけどいつも美人とほめられるから方法を公開するよ - 蜜の国

一目惚れの相手と結婚するメリット - 蜜の国

モテる女の処方箋②~不機嫌を飼い慣らす~ - 蜜の国

ブスなのにモテる女になる方法 メンタル基礎編 - 蜜の国