読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



男性は女性と戦いたくない!! 女性がパンツスーツを着る際に注意したい3つのこと

ちわー 蜜です♡

 

最近仕事をするときは信頼を得やすい、シンプルで上品な服装をすると何かとラクですよ、という記事を書いています。

 

そして異性からのモテを考えるときでも「清潔感があって、信頼できる女性」と見られることはとても有利なので、大丈夫、そういう服はモテます、とも書いてきました。

 

今日はパンツスーツを着るときの注意事項を書いてみたいと思います。

 

パンツスーツは仕事がデキそうな印象を人に与えられるし、ビジネスにおいてもきちんとした印象です。しかしパンツスーツには弱点もあります。

パンツスーツの弱点

今日も大森先生の文章を、要約してお届けしますね。 

ビジネスファッションルール 武器としての服装術

ビジネスファッションルール 武器としての服装術

 

 

パンツスーツの弱点とは、

 

①スカートのときより、カジュアルな印象になる。

 

②男性に敵対心を持った印象や、男性と互角にビジネスをしています、といったやや肩に力が入りすぎた印象に見られることも。

 

③ヒップの形がぴっちぴちのデザインのパンツを選んでしまうと、スカートのときよりセクシーすぎて下品になってしまう。

 

の3つだそうです。

 

詳しく見ていきましょう。

①スカートのときよりカジュアルになってしまう

蜜は服装にあまり詳しくないので正しいかわかりませんが、ネットで調べたり今までフォーマルなシーンで年上の女性に教えていただいたことを書いてみますね。

 

女性の場合、フォーマルな場での正装は昔は(ところでこの「昔」っていつごろでしょうね?)ドレスやワンピース。今はスカートスーツも認められる。基本、女性の正装はパンツではない。だからパンツスーツよりスカートスーツのほうが格が上ということになっている。

 

今は女性のパンツスーツへの賛成意見も多いのかも知れません。でも偉い人というのはたいていお年寄りで、しかも男性のことが多い。だから古い考えと思われる方もあるかも知れませんが、時には保守的な意見にしたがっておいたほうが安全です。

ワンピースはダメなのに、パンツスーツよりスカートスーツのほうが格上??

でもこれ、仕事でワンピースを着ると男性の補佐役というイメージになる、というこの記事での論と矛盾してると思う方もいらっしゃるでしょうか。

 

そんな方のために、キャサリン妃の画像を持って来ました↓

 

 

仕事でワンピースを着ると、補佐的なイメージを周囲に与えてしまうかも、という意味がわかっていただけましたか? 

 

蜜の場合、自社のお客さまに向けたイベントでは「社長の娘、若社長の妻」という意味でワンピースだと献身的な女性のイメージが作れていいかも知れない。

 

でも他社への下請けをする際には、自立した女性のイメージを作るスーツがいい。それもカジュアルな印象にならないように、スカートスーツがいい。ということです。

 

女性の服装事情はほんと、ややこしいですね!! だからきちんとしたビジネスの場では、やっぱりパンツよりワンピースより、スカートスーツがいいのです。それぞれの服装が人に与えるイメージを理解して、使い分けるのが賢いやり方だと思います。

②男性に敵対心や対抗意識を持っていると思われる危険

男性から「この女性は男性に対して対抗心や敵対心がありそうだな」と思われることは、非常に危ないことだと思っています。男性から「男扱い」されることも、同様です。

男と女で口調を変える夫

たとえば蜜の夫なんですが、長男が小学校に上がるのが近づくにつれて、彼に対しての言葉や態度が荒っぽくなってきました。蜜は夫が長男に恨みでもあるのかと思ってびっくりしたのですが、そうじゃなかった。

 

夫は長男を「男」として見ようとしはじめたのです。それまでは長男のことを「赤ちゃん♡」と思ってたので、特別な優しさを発揮していたらしい。

 

今夫は、蜜や次男に対しては「そろそろ時間だよ~」と丁寧な口調。でも長男に対しては「お前、おっせぇ!!」と男言葉です。

 

今まで当たり前だと思ってた夫の優しい口調や態度。しかしこれは夫が蜜を「女性扱いしてるから」なのだと気付き、改めて家庭内での女装の重要性と夫の気遣いを感じました。

 

一度蜜は夫に「家族なんだから、みんなに丁寧な言い方でいいんじゃない? 長男があなたから嫌われてるんじゃないかって勘違いしちゃうかも」と言った。

 

そしたら「男に対して、『疲れちゃった?? もう少し頑張ろうね♡』みたいな甘ったるい口調出来ないよ! 気もち悪りぃ」と言われた。そ、そういうもんなのか…

 

えっと何が言いたいかっていうと、女性なのに男扱いされてしまうと男性の態度や言葉使いがびっくりするほど乱暴になるので、きっと職場でも心臓に悪いよって話です。

 

男性は基本的に同性を敵だと思っていますが、女性とは戦いたくないのです。男性扱いを受けると損です。だってそれに対抗出来る攻撃性を、多くの女性は持ち合わせていないのですから。

「女扱い」されない状態というのも、女性にとっては危険

f:id:blissfulness:20150711183053p:plain

(引用:オレ様男子に振り回されたい!S系彼氏にハマる少女マンガ♥ - NAVER まとめ

えっと↑のマンガはオオカミ少女と黒王子 コミック 1-12巻セット (マーガレットコミックス)という名前らしいです。

 

「おまえ俺の彼女なんだから だまって守られてりゃいいんだよ」

 

すごい口調乱暴じゃないですか?? 蜜今まで他人から「おまえ」とか呼ばれたことないし、そんなの許しません。だから少女マンガって信用できないんです。

 

表情も冷たいですよね。「好き♡」って感情が、まったく出てないじゃないですか。これを「クールでかっこいい♡」とか思ってると、高確率で痛い目に遭うと思います。本気の男性はもっと熱っぽくてアホっぽいと思います。

 

普段プライベートでこんな乱暴な口調で男性から話しかけられることに甘んじてるような女性が、男性からちゃんと大切にされてるなんて信じられません。実はものすごくナメられてるのに気付かなくて、利用されてるんじゃないでしょうか。

 

蜜の知る限りでは男性は「女性」に会うと、最上級に丁寧な態度で気を遣ってくれます。格下と思われると何されるかわからないし、下品な話題も平気で口にするし、人扱いすらされないかもしれない。たとえ職場であっても「女性」扱いされないことは、蜜にとって大変危険なことです。

 

男性はやっぱり女性より好戦的だと思います。パンツスーツで男性から「男扱い」や「女扱いしなくていい女」と思われては、蜜が思うに損です。これは恋愛だけじゃありません。多くの男性は思いのほか、仕事中も感情に任せて行動していますから。

③ぴっちぴちのパンツだったら、かえってエロい目で見られる

これは見たほうが早いですね。

 

グーグルで「パンツスーツ 女性 盗撮」と入れた画像検索結果のリンクです↓

パンツスーツ 女性 盗撮 - Google 検索

 

男性の視線にさらされる恐怖と腹立たしさを、堪能してみてください。下着のラインを消すことも含め、女性にとって身だしなみは大事です。だって男性はめざといですから。

 

以上、蜜でしたー

 

おかざき真里さんに学ぶ彼の理想の女性になる方法⑤ - 蜜の国

自宅で出来る簡単ネイルケアと肌がキレイに見えるマニキュアについて② - 蜜の国

かぐわしく香る息!徹底したデンタルケアで清潔感アップ!② - 蜜の国

男性から「クサそう」「バカそう」「めんどくさそう」と思われなければブスでもモテる - 蜜の国