蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



なぜあの子は知らないうちに他人の気持ちをふみにじってしまうのか③

こんちはー 蜜ですー

 

前回の続きです。

なぜ彼女は人の心の動きがわからなくなってしまうのか

昨日の続きなんですが、もう一度マンガを持ってきます↓

f:id:blissfulness:20150624173215j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

相手の男性が発するメッセージをちゃんと受け取っているのに、その意味がわからないことから、ノリが合わせたりいい雰囲気を作ることが出来ないたえさん。

 

彼女は記憶力もいいし、ちゃんと男性を観察できます。相手の反応だって「なんでだろう…??」と理由まではわからないものの、ちゃんと見えてはいる。

 

でもどうして「彼の心を理解する」ところまでいけないのでしょう? 

相手の上に「理想の男性像」を投影してしまうから

これについては、ANNAさんがいいこと言ってたよ↓

 

(ちゃんと対等な恋人が出来ない人というのは)相手と、学校や職場などで実際に話をする関係だとしても、「相手そのもの」と接しているようで、実際は「頭の中の恋」をひとりで楽しんでいるのです。

(引用:本当に好きな人とずーっと幸せになる本

 

つまりたえさんのケースだと、こういうやり取りのこと↓

f:id:blissfulness:20150625043019j:plain

 (引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

現実の彼の反応など無視してしまって、相手を使って「理想の彼との恋愛ごっこ」を楽しんでしまいます。

 

相手の意志や気持ちを気にしているようでいながら、相手は「現実にどんな人間なのか」「何を考えているのか」などをしっかりと見ることが出来ません。

 

なぜなら、相手を等身大の「人間」ではなく「夢のような存在」にまつり上げてしまっているからです(だからこそ「恋!」という感じで楽しいのです)。

(引用:本当に好きな人とずーっと幸せになる本 

「夢のような」男性って??

この「夢のような存在」って、わかりにくくない? 「え? 別に少女マンガみたいなイケメン、求めてないけど?! 理想なんて全然高くないよ!!」って思う人も多いかな?? 

 

まず江古田ちゃんの例を持ってくるよ↓

f:id:blissfulness:20150625171814j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(8)<完> (アフタヌーンKC)

 

最後のコマを見て。こうやって「私がキライな私を、好きになってくれる男性」を求めることも、「夢のような」男性を求めてるってことだよ。

 

自分で自分を受け入れられない人のことを、赤の他人が愛することは難しい。自分のことを受け入れられる、つまりあるていど精神的に自立した心でないと、他人を受け入れることは出来ない。

 

愛は受けるだけでも、与えるだけでもバランスが悪い。「キライな自分を愛して欲しい」って願望は、どこかにいるはずの王子様を求める心と同じことなんだと思う。

 

うーん、たぶんね。このテーマ自体とても難しいから、蜜も今した自分の説明にまだしっくりこないー 

 

あとこんなのとか↓

f:id:blissfulness:20150625172337j:plain

(引用:カツ婚! 愛で勝つ!篇 (ワイドKC Kiss)

 

こんなふうに「ありのまま」の私を愛して欲しいって願望を持つことも、男性に過剰な夢を見てる状態。

 

ね、人と仲よくするには、互いに歩み寄る努力が欠かせない。

 

「私は男性に歩み寄るのがイヤ。でもあなたは私の内面を好きになってね♡」

 

一方的に欲しがってばかりの女性のこと、誰が手放しで愛してやれるんだろう?? 

 

あー、蜜なんか書いててわびしくなってきたー

彼のこと、ちゃんと見てる?

 こういった「理想の男性」に対する願望を、ちょうどよく投影できそうな男性に重ねてしまう。すると前回の記事でお伝えしたように、彼の行動はちゃんと見えてるのに何考えてるかわからない状態になってしまう。

 

無意識かも知れないけど、自分にとって都合の悪い彼の反応は、全部ムシ。「私の彼なら、こういう反応するはず♡」って理想を、知らないうちに押し付ける。

 

これじゃあ彼、かわいそうだよね。

 

逆の立場だったら、どう?? 私はちゃんとここにいるよ、私を使って他の誰かのことを思うなんて、悲しいよ!! 

 

そういえば蜜の母、こういうこと娘である私にする人だったなー… うん、自分の弱さで相手を傷つけちゃ、ダメだよ。人のために、強く優しくならなきゃ。

ショーケースから商品を選ぶように、男性を選んでしまう

もう一つ「人の心がわからなくなってしまう」人の特徴として、

 

恋愛とは互いに選びあうことである

 

と考えてしまってるっていうのがあるよ。

 

ANNAさんの言葉を引用するよ↓

 

(対等な恋人になれない人とお話しすると)、

 

人を好きになることを、ショーケースから一方的に好きな人を選ぶ、というように考えている人がとても多いのです。その人にとって、好きになるということは「選択」であり、その相手と「合流」しようという感覚がありません。

 (引用:本当に好きな人とずーっと幸せになる本 

 

 ここでいう「合流」っていうのは、相手に夢を見ないでちゃんと同じ「人」として扱って、互いに歩み寄るってことです。

 

たとえばたえさんだと↓

f:id:blissfulness:20150625174943j:plain

 (引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

婚活サイトを一人でパソコンから見てるんだから、ある程度こうなるのはしかたないんだけどね。それにしても付けてるコメントがちょっとひどすぎるよね。誰とお見合いするか選ぶのはもちろんたえさんだけど、相手だって同じ人間だからね。

 

あと恋人を「選ぶ」という意識が強い人は、自分が「選ばれる」対象だという気持ちがとても強いみたい。↓

f:id:blissfulness:20150625175242j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(8)<完> (アフタヌーンKC)

 

恋人同士とは「相性のいい人同士が寄り添って、互いに刺激を与え合って変化や成長してくもの」って感覚が、たぶんないんだろうね。

 

いつか彼は私を「選んで」くれるはず… 言うことを聞きさえすれば、ありのままの私を彼はきっと愛するようになるはず…

 

蜜にとっては↑の状態こそが、「人に媚びる」ってことで、「自分を殺す」ってことだと思う。

 

↑の四コマの話ではないんだけど、江古田ちゃんはまーくんの嫌なところから、いつも目を逸らしちゃうんだ。お互いに相手に寄り添わず、相手の嫌なとこから目を逸らすことで乗り切るってストーリーのものが多い。

 

相手の嫌なとこ、直して欲しいって思ってもいいんだよ。相手を大切に思った上で、適切なアプローチをすればいい。ちゃんとタイミングや相手の成長具合を見計らってね。直接「そこヤダ」って言ってもいいし、自分が手本見せて示してもいい。

 

ま、でも江古田ちゃんはまーくんの話、聞く気ないからねー↓

f:id:blissfulness:20150421031500j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(8)<完> (アフタヌーンKC)

 

「ありのままの私を愛して欲しい」って望むことは、相手との歩み寄りを拒否することなんだね… 「私はあなたのためになんか、変わりたくない!!」って言うならさ、一人で生きるしかないよ。

サービスは奉仕 「媚び」じゃない

でも江古田ちゃんにとっては、

f:id:blissfulness:20150625175505j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(5) (アフタヌーンKC)

 

相手を喜ばせるリアクションこそが、「媚び」なんだそうだ。

 

蜜にとっては「すごいねー、面白いねー」って言うことなんて、もはや礼儀レベルの話。一生懸命私とお話ししてくれようとしてる人を、どうして冷たく「つまんね」とか「それ違うんじゃね?」って無碍に言えるの?

 

相手がこちらを向いて座ってくれた時点で、すでに蜜は少し感謝してる。

 

キミはいきなり人をさげずむような目で、私のこと見なかったね。

ちゃんと丁寧に、今私と向き合おうとしてくれてるんだね。

それだけでとりあえず、ありがとう。

 

いきなり人をバカにしてきたり、いやらしい目でじろじろ見たりする人だって、世の中たくさんいる。でもそれしなかっただけでも、その人優しいじゃない。短い時間かも知れないけど、ちゃんと話聞いてリアクションするよ。

 

男性の話術が優れてるから、楽しいんじゃない。相手の話に自分が反応をかえして、相手がそれを見て喜ぶ。それを何度も何度も繰り返すことで、二人の空気が出来ていく。話の内容なんて、そんなに重要じゃない。

 

江古田ちゃんは人から愛されることを望むばかりで、何も与えようとしない。なのにプライドを持たずに人に媚びる。人が喜んでくれるから、自分も楽しいんだ。そんな環境を作り出すのは、ほかでもない自分なんだよ。

あらま、時間だわ

もうちょっと、このテーマで書きたいな。

 

私がブロガーに求めるもの - 蜜の国

「臨死!!江古田ちゃん」に学ぶ!「ありのままの私」が愛されないワケ - 蜜の国

モテる子の「性格のよさ」を解剖してみた 清らかさは美貌に勝る魅力 - 蜜の国

楊貴妃みたいな美肌になりたい!ハトムギ食べて美肌になろう 美人になれる食べ物③ - 蜜の国