蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

なぜあの子は知らないうちに他人の気持ちをふみにじってしまうのか①

こんちはー 蜜です… 今日はかなしいなー こんなこと、出来れば記事にしたくない… すでに蜜、はじまる前からブルー

 

でもとても大事なことなので、書きますね… ハイ、気分が悪くなったら、すぐリターンね?

意思の疎通ができないのは、恋愛では致命傷

モテない女性も他者不在

他人にも頭があって目も耳もついてることを、知らないとでもいうような行動を取る男性って、蜜はよく遭遇する。でも他者不在の女性については、よく知らなかった。あんまり自分と深く関わらないタイプの女性だったから。だからこれって男性特有のものなのかなーって思ってたんだよね。

 

でもこれ↓読んでわかった。そうじゃないんだね。

 

冷恋~29歳で結婚したかった私の本音~

冷恋~29歳で結婚したかった私の本音~

 

 

女性にも、他人を同じ「血の通った人間」として見れない人も、いっぱいいるんだね。そして彼女たちにももちろん、悪気なんて全然ないんだ。でも知らずに人の気分を害してしまっていたり、他人の領域を侵害してしまったりしてしまう。

 

そしてそれに対する報復として、やっぱり大事にしてもらえない。そして時には、「人扱い」すらしてもらえない。それにはちゃんと理由があるんだけど、本人はなぜだかわかんなくて苦しい。周りの人は理由がちゃんとわかってる。でも誰も教えてあげられない。

 

説明が難しいし、本当のことを言ったら確実にその子を傷つけることになる。「他者不在」を直すのは、とても苦しい作業だということも、みんななんとなくわかるから。

 

今日は蜜、そんな「他者不在」の友達(架空)のために、一生懸命わかる範囲で説明したいと思う。間違ってるかも知れないけど、「みんなはあなたのことをこんなふうに思ってるかもよ」ってのを書いてみるね。

心の声はほとんど相手に伝わってしまっている

f:id:blissfulness:20150624160728j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

女性からこんなふうに観察って、蜜よくされる。そんときの表情って、すごく怖いしあさましいよ。品がなくて冷たい、人を人とも思わない目。

 

人ってね、視線には敏感なんだよ。見られてたら、高確率で気付く。気付くけど、気付かないふりする。「見てたでしょ」なんて、絶対声かけたりしない。静かにそっと、「要注意人物リスト」のとこにその人の名前を加える。

 

だからこのときの気持ちも、絶対相手にほとんど伝わってるよ。↓

f:id:blissfulness:20150624161437j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

これはたえさんが結婚相談所から紹介された男性と、お見合いをするシーン。

 

他人をじろじろ間近に観察しておいて、それが相手にとって失礼なことだとわからないタイプの人っていうのは、心の中の声が全部カオに出てると思って間違いないよ。

 

失礼なこと考えてても、それを表情や視線ににじませない人っていうのは、相当長いこと他人の反応を細かく見て訓練をつんでる。

 

「あ、このタイミングで視線そらすと、相手に勘違いさせちゃうな」

「そっか、不用意に深呼吸なんかすると、ため息と思われて余計な心配かけちゃうな」

 

ほとんど無意識にやってるから、思い出すのが難しいや。でも蜜のわずかな目の動きにさえ、「え、それどういう意味?」ってなる人がいっぱいいる。男性だけじゃなく、友達だってお客様だってみんな同じ。

 

相手にとって自分がどう見えるか全然気にしない人は、「相手を鏡にして、自分の言動が人に不快感を与えないように気をつける」って訓練を、したことないよね? だからたぶん考えてること、洗練されてない態度、表情、視線なんかでほとんど周りの人にバレバレ。

 

彼のことドブ細工だから「ドブ」って心の中で呼んでることも、ニュアンスとしてはなんとなく彼に伝わってるはずだよ。

言葉にしなくちゃわかってもらえないのか…

このあとたえさんとドブさんは、デートに出かけます。たえさんはドブさんの人柄に恋をし、ドブさんはそんなに乗り気ではないよう。

 

このドブさんはデート中、何度も何度もたえさんに「こんなテンションいやだ」「今はそんな気分じゃない」って、態度で伝えています。たえさんはちゃんと彼のアクションが目に入ってるんだけど、意図がわからないんですね…。悲劇です。妙なテンションで「私ってかわいいでしょう?!」

 

f:id:blissfulness:20150624163042j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

妙なテンションで「私ってかわいいでしょう?!」とアピール。

 

それに対してドブさんは、

f:id:blissfulness:20150624163127j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

拒否。イヤだったんだと思います。「お構いなし」なんかじゃありません。男性はデート中の女性の反応を、非常に気にするものです。

 

「楽しんでるかな?」「デートの場所は、ここでよかったかな?」 彼の心は不安でいっぱい。お構いなしなわけがない。

 

たえさんが心から普通に「アザラシかわいい♡」って言ってるなら、「そうだね」で済んだんですよ。でもこの「私をかわいいって思え!」って押し付けは、人を不快な気分にさせます。

 

人間は好きなように感じ、好きなように振舞いたい。それを共有できる人がいたら、嬉しい。でも↑のたえさんの態度は、「かわいいって思えよ!! おら!!」って人に無理強いしてることにはならないでしょうか。

 

モテたかったら相手の心の動きを大切に大切に観察し、それに対して適当な反応をしなくちゃ成果がでません。当てずっぽうでは逆効果です。

 

f:id:blissfulness:20150624163752j:plain

(引用:冷恋 〜29歳で結婚したかった私の本音〜

 

たえさんは彼のカラダに触れ、関係を一歩でも先へすすめようとします。ドブさんの手に触ろうとするけど、なかなかタイミングが合わず触れません。

 

…じゃないよ?

 

彼は嫌がっています。 今は、触られたくない。たえさんのことが嫌いではないんだろうけど、そこまでまだ仲よくなりたくないのです。きっと慎重に距離をはかり、「どうしようかな、この子とうまくやっていけるかな」と、一生懸命考えているのです。

 

でもたえさんは、はっきり言われないとわからない。

 

でもきっとはっきり「それは嫌」って言ったら、たえさんは傷つきますよね。彼はたえさんを傷つける気はないのです。

 

ただ「今は違う」「そのノリは居心地悪い」と自分の気持ちをちゃんと伝えて、二人の空気を作りたい。一人で突っ走って欲しくないのです。

彼の心の葛藤とは

彼がたえさんとの関係に踏み出せないのは、たえさんと意思の疎通が出来ないことが主な原因だと思います。

 

「それは嫌だよ」って穏便に態度で示しても、受け取ってもらえない。ただ自分がそうしたいから、楽しいから、そして「私のこと好きになってほしいから」行動するたえさん。そこに彼の意向は入ってません。いつも彼の心は無視されています。

 

悪気はないんでしょうけど、本当に彼の気持ちが見えないんでしょうね… 「相手の気持ちを考える」ってプロセスが、まったく出来ないのです。本人はやってるつもり、考えてるつもり。(そのたえさんの心の絡まりについては、次回考えたいと思います。)

 

ANNAさんがいいこと言ってたよ。

たとえばお互いの実家との関係や人生設計についての考え方など、なにか問題やあわない部分があっても、「意志疎通」「相互理解」ができていれば、お互いに納得しながら問題を解決していく可能性が開かれるのです。

(引用:本当に好きな人とずーっと幸せになる本

 

これを逆に見ると、意志の疎通が出来ない人とは大きな事業(結婚など)には乗り出せないってことなんだよ。

 

だって意志疎通できない女性と結婚したらさ、

 

「オレは今考え事があるから、一人で作業したいんだ」

って自分が言ったとしても、

 

「え? 何言ってんの? 私今あなたに話したいこと、いっぱいあるんですけど!! なんで話聞いてくれないの?? 私のこと、嫌い??」

って絡んできそうだもん。

 

結婚って、日常。基本二人でなんでもするけどさ、一人の時間だってお互いに必要。そういう「これがないと、オレ生きるのムリ」って最低限の希望まで、聞いてもらえなそうな相手と、誰が結婚なんてする? とても恐ろしいことだよ。

 

職場で派手な服装は損! シンプルファッションで男性からモテて周囲からの信頼も得てるブロガーさんたちを紹介するよ - 蜜の国

男性スタイリスト森岡弘氏の書いたファッションの本が、優秀なモテ指南書でもあったのでご紹介する - 蜜の国

お手本はグラドル - 蜜の国

幼稚園児に小学1年生の範囲を先取り学習させるメリット 年長の息子に先取り学習させてみた① - 蜜の国