読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



人の心が変革していくさまというのは、究極のエンターテイメントであるね

ブログ近況報告 人間関係

ちわー 蜜です☆ 

 

今日はブログを通して読者のみなさまとお話させていただく中で、気付いたことを書きたいと思いまーすー

ブログ開始から5ヶ月、続けてよかったなあーー

「論理的」「説得力ある」という賛辞が嬉しかった

現実の蜜はよく夫から、

「バカ…なんだろ?笑」

という屈辱の対応をされる。これはモテテクがうまくいってる証拠なので、まあ仕方あるまいが、やっぱり切ないよね。

 

もちろん考えずにテク使ってることもすごく多くて、あとから考えてみたら「私のあの行動には一応論理があったのか」ってハッとすることもある。

 

記事にするために自分の心を見つめなおして、今まで気付いてなかった論理を発見する。そしてそれを見た読者のかたがたから「論理的」「説得力がある」とコメントをいただいく。

 

蜜はとても嬉しかった。

「なっ、一応バカではなかったろ?」って感じ。

 

蜜は自分の生殖戦略に長けてる点が気に入っていて、これだけ人工的になってしまった社会に多少適応しつつも、野生の本能を保ってることを誇りに思ってる。でも人からは「何も考えてない人」的に扱われるんだよなーー 「理性>本能」と、誰が言った? どちらも素晴らしい性質でありんすよ!!

 

そして本能にしたがってやってきたモテテクにも、よくよく分析してみると「論理」があった。おー 今読んでるこの本とリンクするYO!!↓

 

恋するオスが進化する (メディアファクトリー新書)

恋するオスが進化する (メディアファクトリー新書)

 

 まだ途中までしか読んでないけど、虫たちの生殖戦略がとても面白い!! 蜜は(虫に)共感や驚きをおぼえながら、この本を読む。宮竹氏の文章は、竹内久美子氏より文体が新しく読みやすい。

女性の生活の質の向上に貢献してる!という実感

なぜ女性のQOLの向上に貢献したいかっていうと、理由はふたつ。

 

①「女性の英知」という総体(日本文化のこと)があると信じていて、それに少しでも貢献したいと思うから。文化とは、今生きてる民衆が作るもの。蜜もその民衆の一人として声を上げ、少しでいいから世の中を生きやすく、愛の発揮しやすい社会にしたいと願っている。

 

投げる小石が作る波紋は、とても小さい。でも共鳴してくれる人が少しでもいるなら、それは一つの流れとなるだろう。歴史に学ぶことは大事だが、懐古主義はキライ。世の中は、絶対よくなっているんだ!! そう思わないと、希望がない。それが生きる希望。

 

人類は同じところをずっとぐるぐる回ってました、なんて悲しいじゃないか!

 

②母として息子のために、いい伴侶が見つかりやすい地盤を整えたい。

 

子供がいる蜜にとって、やっぱり将来息子がいいパートナーの女性を得るってことは大きな望み。でも「いい女」とは?

 

蜜は「のびのびと闊達に自分の欲望に忠実で、でも関わる人の幸せも考慮できる子」だと思う。でも今の社会の教育、共同体の仕組みだと、女性がのびのびしてるか? 

 

男女差が縮まってはいけないんだけど、もっと女性が自分の気持ちを安心して見つめられる地盤が欲しい。妊娠、出産、子育てなど、性のことについて一手に引き受けさせられる女性。

 

その割に、性をめぐる文化的な抑圧や役割のおしつけが多すぎる。それを何も言わず「忍」の一字で耐えろよってのは、ないよね!! 女の子は従順で恥じらいがあって、素直で人の気持ちがわかって、難しいこと考えなくて、子供を本能で愛して、いいお母さんに自然になって…

 

なんねーーーからなーーーーーーー!!??怒

 

一応演じてやるけど、自然にはなんねーーーーよーーーー??!!

 

「女の子は足開いて座っちゃダメ!! そんなとこいじっちゃいけません!!」って抑圧的なしつけで育てられて、大人になったらある日突然診察台に座らされて、「はい、足開いてー」って毎週毎週知らないおっさんに何か突っ込まれる妊娠検査の日々。

 

男もこれ、体験して欲しいよ!! 誰かまず、このしつけと現実のギャップを埋めて欲しい!!

 

でも蜜はまだまだ勉強不足で、「モテるには?」みたいなことしか、書けないんだよなー… 

「気付き」や「成長」の報告を受けるのが楽しい

報告してくれる読者のみなさまにはとっても悪いんだけど、普通に人の成長って楽しい。傷つけないように言葉を選ばなくちゃなーっていうのは、正直負担ではあるけどね。ほら、文章だけだから。悪い意味に受け取らないかなって、それはいつも心配。

 

でもそれ以上に、人の心境の変化、工夫、達成感の喜びにあふれた文章っていうのは、とても面白い。孔子の「終身の計は、人を樹うるに如くはなし」っていう言葉が、蜜は大好き。「人生をかけてやるべき計画としては、人を育てるのが一番だ」って意味だよね? 合ってる? これを疑似体験させてもらってるって感じ。

 

まとめ

こういう色んな欲があって、蜜はブログを書いています。結局書いてみると、やっぱりいつも通り電波なんですけど、「こんな風に楽しんでますけど、いいんですか?」って読者のかたに聞いてる感じですね。

 

全然慈善活動じゃないですよ。欲まみれ。そしてエンターテイメントとして、人の変化を楽しむ意地の悪さ。いいんですか? とりあえずもう一回聞きますけど、いいんですか?蜜に報告とかしちゃって…。 それでもいいなら、蜜もがっつり楽しませていただきますけど…。

 

以上、蜜でしたー

「男は服なんか見てないから」って言いながら女性のファッションに厳しいダメ出しする男性の本音 - 蜜の国

なぜかモテちゃう!かわいくみえちゃう!~伝授します犬の心~ - 蜜の国

大事なのは洗練された勉強のしかたを教えること 年長の息子に先取り学習させてみた② - 蜜の国

お風呂上りの香りを長時間持続させる方法 - 蜜の国