蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

小宮山夏樹の欲しいもの 心の穴を埋めるのは

こんちはー 蜜ですー 前回に続いてコミック「モテキ」のお話です。前置きが長くなりましたが、やっと本題に入れますねー

 

複数のキャラクターに分けて描かれる「夏樹ちゃん」

実は小宮山夏樹はフジくんが憧れる女の子の一代表に過ぎず、本当は夏樹ちゃんを補完するためのキャラクターがあと3人「モテキ」には登場します。中学生の林田さんと、大人になってシングルマザーになった林田さん、それから同じ高校出身の桜子先輩です。この3人を代表する存在として、夏樹ちゃんがいます。

 

3つのキャラクターに分けて描かれていますが、たった一人の「運命の女」を時空を超えて色んな側面から見てるんですね。

「モテキ」の原型である短編作品

「モテキ」の一巻に、「モテキ」の原型になる短編作品「リンダリンダ」が載せられていました。ここに夏樹ちゃんを代表とする「運命の女」の原型である少女が登場します。

リンダリンダ

中学校のクラスメイトの不良の女の子、林田さんとフジくんのほのかな恋の物語です。普段気が強く、先生にも反抗的な態度を取る林田さん。実は家庭に問題を抱え、一人で毎日ボケたおばあちゃんのお見舞いに養護施設に通っていた。

 

そこでばったりフジくんに遭遇。↓

f:id:blissfulness:20150604193242j:plain

f:id:blissfulness:20150604193252j:plain

(引用:モテキ(1) リンダリンダ)

林田さんのおばあちゃんは、実の孫である林田さんのことを覚えてくれません。詳しく書いてないけど親に頼れる状況じゃなくて、林田さんにとってはたぶんこのおばあちゃんしか頼れる人はいないのです。すんごいハードな環境の中学生ですよね。この中学生の林田さんが夏樹ちゃんの原型であり、のちのシングルマザー林田さんに分化していきます。

 

人格をスルーされる痛みは、味わったことのない人には到底理解出来ません。説明しようと努力したって、言葉は空回りするばかり。他人に理解されない林田さんの絶望は、深く、寂しく、ひりひりします。しかしフジくんはそんな林田さんの心の隙間を、埋める力がある人です。

f:id:blissfulness:20150604194424j:plain

f:id:blissfulness:20150604194434j:plain

(引用:モテキ(1)

愛情豊かな子供時代を送ってきた人が持つ、この感じ。うまく言えないけど、子供の頃の蜜にはこの感じはなかった。夫にはあった。だから夫に強く惹かれた。でもね、こういう人って、全然自覚がないのね。自分が豊かな財産を持ってるってことに。外に見えるものばかりに注目して、モテるモテないだの、イケメンだのブサイクだのってわーわー言う。

 

こういう安定した心と安定した心に育ててくれた環境が、何よりも得がたい宝だったってことを、何にもわかっちゃいないんだ。他人の心に無頓着でいられて、自分の感情だけに集中していられたってことの幸運を、なんにもわかっちゃいないんだよ。

心の穴を埋めてくれるのは

f:id:blissfulness:20150604195130j:plain

(引用:モテキ(2)

↑30才、シングルマザーになってた林田さん。子供と対等で親密な関係がほほえましいです。どこか蜜家に似てる。以前にも文章にしたんですが、自分の子供を愛する経験は、自分の中の「子供」を育てることにつながります。

 

「子育ては自分育て」って、よく言ったもんですよね!その通りです!林田さんは収入の少ない男性と結婚して苦労の末離婚したのですが、娘を育てることを通して心を建て直すことが出来たようですね。(久保先生、わかっててコレ描いてんのかなー?!)

 

林田さんは小さい頃から苦労が多く、さびしい子供時代を送ってきた人。だからか復活したあとは人一倍他人に優しく愛情深く、でも現実をきちんと見つめることの出来る大人として描かれています。よく出来たリアルで好ましいキャラクターです、久保先生!!

子供のまま大人になった林田さん=夏樹ちゃんの場合

夏樹ちゃんの欲しかったものとは

f:id:blissfulness:20150604201447j:plain

(引用:モテキ(4)

この優しいお母さんを持ってることのほうが、モテたり仕事が出来ることよりも、ずーっとずーっと幸運で恵まれてることなんだよ!?この育ちのよさは言わなくても、空気として漂ってくる。夏樹ちゃんは、蜜は、これが欲しくてたまらなかったんだよ?

自分がフッたフジくんの家に押しかける夏樹ちゃん

フジくんは夏樹ちゃんに告白して、フられてしまいます。でもなぜか地元に夏樹ちゃんが現れて、フジくんの家に押しかける。そして連泊する。

f:id:blissfulness:20150604201814j:plain

(引用:モテキ(4)

いっつもさびしそうな夏樹ちゃんの、この嬉しそうな顔!!19才のとき当時付き合ってた夫の実家に連泊してた蜜とそっくり!!久保先生、蜜のこと、見てたの?!てか、さびしい子って彼の実家に押しかける習性があるのかな?!

f:id:blissfulness:20150604202217j:plain

(引用:モテキ(4)

夏樹ちゃんのキャラも、両親がいなくて頼れる人がいない設定。この夏樹ちゃんの気持ち、めちゃくちゃ良くわかる!!いい両親と愛情ある家庭に育ったってバックボーンもひっくるめて、フジくんが好きなんだよ。

 

「この人、ぬるい!でもあったかくて好き!羨ましくて、憧れすぎて、ムカつく!てかフジくんちの子に生まれなおしたいよ」って気持ち。恋なんて、まだまだ早い。見た目は大人だけど、まだまだ子供なんだ。「自分の居場所」ってものの味を知りたい!!だって生まれてきて今まで、そんなの知らないんだもの!!

 

蜜の場合は、ラッキーなことにこのまま結婚しちゃったよ。その後お姑さんとはモメたけど、感謝してるんだ。親の愛に触れることが出来て、嬉しかった。まともな人のうちの、あたたかい空気を一緒に吸えて、嬉しかった。

 

まだまだ続くよ!でもまた次の記事で♡

 

以上、蜜でしたー

ブスだけどいつも美人とほめられるから方法を公開するよ - 蜜の国

一目惚れの相手と結婚するメリット - 蜜の国

モテる女の処方箋②~不機嫌を飼い慣らす~ - 蜜の国

ブスなのにモテる女になる方法 メンタル基礎編 - 蜜の国