蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。

イケメン夫がイクメンに変貌した経緯 悪妻のススメ

こんちっすー 蜜でっすー「私だって働いてるのに、夫が家事してくれない!」「夫が子育てしてくれない!人前に出るときだけ、子煩悩でイクメンのふりしてムカつく!!」って憤りを抱える既婚女性って多いですよね。すっごくよくわかります。

 

蜜の夫はイクメンで主夫です。しつけなどの教育方針の主導権は彼が握り、今日も朝から子供達を強健に育てるためランニングをさせていました。頼もしい♡

 

しかも彼が主に家計を支え、私はほとんど金稼いでません。自分が勉強したり、あるいは子供に勉強教えることくらいしか日々してない。ちょこちょこ掃除したり、たまに料理したりはするけど基本家事してない。書いてみるとひどい妻ですね!!でもま、人には色々事情がありますからね。蜜にもそれなりに事情があるのですよ。

 

蜜の引きこもりっぷりはさておき、今日は夫をイクメンにする方法をお伝えしたいと思いまーす♡

夫に家事、子育てを分担させる方法♡

まず男性心理を理解しませうー

はい本題でーす。まずこれ見てね↓

f:id:blissfulness:20150530165010j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

多くの男性は「結婚したら女がめんどくさい家事してくれるぞ♡」と甘い考えを持っています。確かに子供がいなかったらそうかも知れません。蜜がもし子供いなかったら、夫がいる分家事が増えたって大したことない。一人暮らししてたって、ご飯作るし洗濯だってするからね。

 

問題は子供が出来たあとの話ですよね。実際こうなるよ↓

f:id:blissfulness:20150530165503j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

子供の世話ってほんと、消耗するからねー。買い物もままならない、身支度もままならない、てか寝てないし、私風呂最後に入ったのいつだっけってなるよ。当然夫にも動いてもらわないと、人間的に生きられなくなるよ。

妻に必要な能力とは?

蜜が思うに妻に求められる能力とは、

  • 結婚生活に対する男性の夢を上手にぶっ壊しつつ、男性がこの過酷な子育て生活にスムーズに入れるようにサポートすること
  • 男性に家事、子育てを「しんどい」と思わせずに、きゃぴきゃぴ楽しく乗り切れる環境を作り出す能力

この二つだと思ってます。「私が頑張れば、私がもうちょっとだけムリすれば、なんとかなるから…」ってムリするのはあまりオススメできません。ムリしてしまうとストレスがたまって、いつか可愛いわが子に当たってしまいます。

 

あるいは「際限なく我慢することが、みんなのため、自分のため」という歪んだ価値観を子供に教えることになるかも知れない。忍耐って大事です。でももっと大事なのは、人を動かしたり、人の力を引き出す能力です。これが出来る人はすごく強い。どこだって生きていけます。蜜はこっちのほうを子供に教えたい。

男性の結婚観が古いのは当たり前 それを壊すのが妻の役目

なんで男性は「結婚したらラクになる♡」なんて、現実とはそぐわない想像をするのか?我々の親世代の価値観が、今でも通用すると思ってるからなんですね。刷り込んだのは会社の上司かも知れないし、彼のママや父親かも知れません。

 

男性の頭の中には、個人の考えとは別にもう一つ、巨大な社会通念がインストールされてます。そこに書いてあるんでしょうね、家事子育ては女の役目って。そしてこの巨大なブレインの情報は、なかなか新しく書き換わりません。だから移り変わりの激しい現実には、即してないものも多い。

 

じゃどうするか。妻になる女性が、男性の価値観を書き換えるしかないですね。別に男性を奴隷にしたいわけじゃない。わがまま放題したいわけじゃない。でも夫婦二人で子育てするのって、もんのすごく大変です。

 

下手したら追い詰められすぎて、気付いたら子供虐待しちゃうかもしれない。子育て大変すぎて、夫婦関係に修復不可能なヒビ入っちゃうかも知れない。蜜はずいぶん考えました。そして結婚したばかりの頃、フランスの人々の生活について書かれた本を、図書館で借りてきて大量に読んでいました。

フランスのカップルがお手本になりそうだった

もう10年近く前ですからうろ覚えなんですが、フランスは

  • 嫁、姑が疎遠
  • 夫婦で子育て、家事分担
  • 基本共働き
  • 結婚しても恋人同士
  • てか結婚しないで子育てする制度整ってる

こういう生活がスタンダードな人々。(間違ってたらごめんなさい、フランス通の人!)蜜はこのフランスのカップルに希望を見ました。「よし、これだ!!これを手本にしよう!!」って思った。国民性に違いはあるものの、このやり方で夫婦だけでうまく子育てしてる人々がいる。

 

もちろん子育てにまつわる社会制度の充実は、断然日本よりフランスのほうが進んでるでしょう。でも彼らのいいところを学び、生活の中に取り入れることは蜜個人でも出来る。個人主義の進んだフランスの女性が、いつまでも「女性」であることにこだわるのには、深い生存の知恵があるように思うのです。

尽くす女作戦は子育てを機に破綻する

f:id:blissfulness:20150530173027j:plain

 (引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

↑子供が欲しくないんだったら、この作戦のままずっといってもいいでしょう。手間ヒマかけて面倒見てあげれば、男性は喜ぶでしょう。家庭内に子供がいない若い夫婦や熟年夫婦はこれでも大丈夫です。

 

でももし子供が出来て妻が夫に構わなくなったら、妻や自分の子供を恨むようになる男性も中にはいますよ。価値観の書き換えは、どのみちいつかはしなくてはいけません。

 

あと妻が自分の面倒見るのが当たり前になってくると、感謝しなくなったり、物足りなくなって他の女性に心を奪われたりする男性もいます。この戦略は即効性はありますが、長期的に見ると女性が損をしやすいハードな作戦だと思います。

男性の願望をうまく利用する

じゃ、どうすればさっき挙げた、

  • 結婚生活に対する男性の夢を上手にぶっ壊しつつ、男性がこの過酷な子育て生活にスムーズに入れるようにサポートすること
  • 男性に家事、子育てを「しんどい」と思わせずに、きゃぴきゃぴ楽しく乗り切れる環境を作り出す能力

を身につけられるか、ですよね。さっきも言ったように、蜜はフランスの恋愛、結婚スタイルに目を付けました。フランスでも日本でも、女性はいつだって子育て戦略を展開します。母たるもの、ムダなことは絶対できない。やってることには意味があるのです。

 

実は「フランス人=恋愛大好きな人の国♡」なんてもんじゃなくて、「個人主義浸透しすぎて、男を家庭に縛りつける力が弱い社会=男性に子育てさせるために恋や性の魅力が母親にも必要な社会」じゃないの?って蜜は思いました。だってここ20年で日本がフランスと似たような個人主義の社会になって、そこで蜜は子育てしてみて、フランス女性の戦略がもっともだと実感したからです。

日本の男性がハマる魅力的な女性

f:id:blissfulness:20150530174745j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

セクシーorキュート?は永遠の問いですよね。でも蜜は両方必要だと思います。

  • 外見や言葉遣い、物腰は清楚&キュート
  • 中身は媚びずに主張がある

こういう女性が一番男性を意のままに操れます。男性はセクシーとキュート、どっちの女性も好きです。どちらかだけの要素で出来た女性が仮にいれば、男性はすぐ飽きてしまうでしょう。(不自然だからね)

 

男性の嗜好って矛盾してますが、

  • オレを馬鹿にしたり、存在を脅かすような怖い女はやだ。従順でかわいい、わかりやすい女がラクでいい。
  • 気が強くて豪胆、賢くて力強い女性に振り回されたい。

この二つが男性を魅了する典型パターンのように思います。

具体的に蜜がしてることを説明するよ

f:id:blissfulness:20150530175454j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

↑の女性のセリフは、明るくポジティブでかわいくてすごくいいですね!でも蜜だったら服装と行動をもっと工夫します。

  1. 朝からきちんとヘア&メイクし、家の中でもブラウスとスカート、ワンピースを着る。彼の前では子供は出来るだけほっぽらかす。
  2. 風呂に入らない。髪はぼさぼさ、メイクは何日もしない。彼が家にいるときは、子供が泣いてもしばらく放置。でもにこにこ、かつだらだら。

この1と2のどちらか、やりますね。えっとこれでうまくイクメンに育ったんだけど、理論を文章にしたことないから、出来るかな?頑張りますね。

 

えっと、彼の前で子供を可愛がるのはあんまり良くありません。あくまでも「子供なんかより、あなたのほうが好きー♡」のほうが男性の気分は上がります。もちろん蜜、両方大事ですよ?でもこのほうがいいんです。男性は父親になるのに時間がかかりますから。

 

1番だと「コイツ、オレに夢中で子育て大丈夫か?いつまでも女のコでしょうがねえなー、ほれ、おむつ替えるぞ!」ってなった。

 

2番だと「げっ、蜜そうとう疲れてるな!風呂入る余裕もないのか?!女のことはよくわかんないけど、産後はなんか大変なんだな!よし、オレが遊んでてやるから、風呂ゆっくり入って来い!」ってなった。

 

同じ手口で「よし、買い物行って来い!オレが子供を公園連れてってやるから!」「蜜は寝てていいよ!オレが食べれるもん買ってくるから!」ってやってるうちに、彼は立派な父親になってた。ついでにもっとかっこよくなってました。ラッキー♡

現実もわかってもらわなくちゃなりませんね

普段はおとぼけ、キュート、柔らかいを心がけてる蜜ですけど、たまにぶち切れるときもありますよ。怒ってませんけど、たまにキレてみせます。たとえば男性がこういうありえない妄想してるとき↓

f:id:blissfulness:20150530180958j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

 キレイでいるには、それ相応の金と時間がかかりますよね。当然です、生物ですから。でもこれがわかってない男性がいるんですよねー。ここは現実をがっつり教えなければなりません。たとえば↓

f:id:blissfulness:20150530181314j:plain

(引用:カツ婚! 恋に喝!篇 (ワイドKC Kiss)

↑みたいに、私が時間やお金を身だしなみにかけてること、夫がいい顔しなかったら。いきなりぶちキレて見せたりします。

 

「ふざけんな!!女がキレイにすんのには金も時間もかかるんだ!!なに当たり前のことに不満たれてやがる!!」って突然キレることもある。ここはソフトじゃダメです。ハードにいきます。

 

これは「女だって汗もかくし毛穴もある生物なんだ!それでも、色々乗り越えようと頑張ってる。それを社会もキミも女性に望んでるんだろう?得るものも大きいが、代償は払わねばならないのだよ、わからんのかね?自然にしててキレイにはなれん!」って穏便に言っても伝わりにくいからです。

 

これ男性には理解しがたいみたいですよ。あとちゃんと計画性があって、理にかなったことしてれば、男性はそういうとこも好きになってくれます。ダークで凶暴な面は人に深みを与えるもの。100%悪いものじゃありません。悪役に惹かれる心理って、ありますからね。いいんですよ、いつでもいい子ちゃんじゃなくて。

まとめ

すっごく長くなっちゃいましたね!今回の文は実験的に書いた感じですね。まとまりに欠けるし、自信なさそう。

 

以上、蜜でしたー

『冷恋』に学ぶ、あなたにぴったりの恋人を見つける方法① - 蜜の国

シンプルで質のいいスーツスタイルは男性ウケ抜群!! 職場でワンピースを着ないほうがいい理由 - 蜜の国

知的な女性になってモテ度をアップ! ヘビーな本を手軽に読む方法をお伝えするよ① - 蜜の国

「セミナーやったら?」って勧めてくれる人もいるけど、ブログだけで活動したほうが得だと思ってる - 蜜の国