読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



おかざき真里さんに学ぶ彼の理想の女性になる方法⑤

こんちはー 蜜です。 

 

えっと、論点をわかりやすくお伝えしたいので、いつも蜜の記事は早足です。だってしっかり説明を入れた長い文だと、みんな「今なんの話してたっけ?」ってなるでしょ?これがブログのデメリットだよねー。目次とかないし章で分けらんないからさ。でも「蜜の国」に来てくれた人には必ず、メソッドとメリット、デメリット、この3つを短時間で掴んで帰って欲しいと思ってます。

 

だから残念なんだけど、どうしても説明を短くしちゃうのね。しかも説明足りないなっていつも思ってるから、何度も同じテーマで書いちゃう。たまに冗長だよねー。めんごー。

 

はい、本題に戻りまーっすー

彼は心の軸をあなたに託すようになる

 AKB48のプロデューサー、秋元康さんが以前こんなこと言ってたよ。

〇ックスして男が去っていくのは、〇ックス以上に知りたいという興味を女性に持てないから。〇ックスしても、もっと知りたいという要素がある女性が魅力的だということだ。そして、それはその人が価値観をしっかり持っているかどうかということにつながっている。

 

しっかりした価値観を持っている女性に対しては、彼女の意見が男にとってある種の座標軸になっている。こんな女性は、一生飽きられることがない。(引用:ジョン・グレイ博士のこの人と結婚するために―恋の始まりからプロポーズまで相手の気持ちを離さない愛のルール (知的生きかた文庫―わたしの時間シリーズ) 

 秋元さんって翻訳家でもあるんですねー。今の引用はこの本のあとがきとして書かれてたものです。↓

 強調したいところを太字にしましたよ。はい、ここまで来ればようやく、祝!自立成功♡です。彼ママからの脱却です。彼は大人の男性となり、あなたという女性と新しい人生を歩もうと舵を切りはじめます。実に壮大な物語ですこと!!

 

彼の心の座標軸は、今まで彼ママが握っていました。でもこれからはNEO彼ママであるあなたが、彼の人生の価値を決める存在となったのです。この時点で、大体彼の心はリセット状態です。あなたの考え、夢、望み、価値観、すべてぐんぐん赤ちゃんみたいに吸収してくれるでしょう。はい、あなたの次の目標はなんですか?

 

そうですね、NEO彼ママの殻を脱ぎ捨てることです。

彼に恋させたまま、素のあなたに戻るコツ

1、時間をかけて変化すること

 女性の人生は変化に富んでいます。少女から大人の女性へのダイナミックな肉体の変化。娘から妻、母へ大きく移り変わる役割。男性の人生にはこうしたアイデンティティが揺らぐレベルの変化は、そうそう訪れません。だから我々女性に比べて保守的です。急激な変化は大きなストレスになります。

 

だから数ヶ月、数年かけて、少しずつ素のあなたに戻していきましょう。二人の生活習慣や育った環境のギャップは、過ごした時間が埋めてくれます。慣れるってことです。大丈夫、必ず彼は誰よりもあなたとの時間が居心地よくなります。

 

あなたは彼が心地よくこの人生の大きな変化を乗り越えていけるように、サポートしてあげてください。つまりすぐ素を出さない。これは思いやりです。

 

あと前回も言いましたが、彼があなたと一緒にいるのに母親を恋しそうにしてるのを見かけたとしても、優しく見守ってあげてください。別に彼は「あなたよりママがいい!」って思ってるわけじゃありません。ただ過去をすぐ忘れる女性と違って、男性はロマンチストだし思い出を大切にする性質があるってだけです。

 

いちいち小さなことに目くじら立ててると品がなくてつまんない女に見えます。あなたの魅力が損なわれてしまいますから、ゆったり構えて彼の好きなようにさせてあげてください。

2、変化を恐れず成長し続けること

 彼ママをマネることで、手っ取り早く彼の心の奥深くまでたどり着くことの出来たあなた。彼はあなたを本当に大事にしてくれるでしょうが、気を抜いてはいけません。なぜなら男性は飽きっぽいからです。どんなにおいしいレストランでも、味付けがいつまでも昔のままでメニューも数種類、宣伝や商売や内装に工夫もないのでは、すぐお客さんは離れていってしまいます。

 

いったん彼を恋に落としてしまえば、いつもいつも彼のことを考えている必要はありません。あなたは自分の好きなことや仕事、人間的な成長をすることに集中すればいいのです。いつでも新鮮で驚きに満ちた気持ちでいてください。その姿が彼を魅了するのです。

 

また彼は仕事をしているとき、いつも時代の先を見つめています。どんな仕事であれ彼は職場で毎日、新しい価値観に触れ新しいビジネスに携わり、その中でいい業績を残そうと必死のはずです。だから恋人であるあなたも、彼に会うたびに新しい価値観や成長を感じさせる女性でないと、あっという間に彼にとって物足りない女性になってしまう可能性があります。今日の彼は、もう昨日の彼とは別人です。それを心に留めておいてください。

3、失敗を恐れない 必ず得るものはある

「そんなに頑張ったって、彼と必ず結婚出来るとは限らないじゃん!」とかなんとか理由をすぐ見つけて、はじめから努力をする気がない女性もいますよね。蜜はとてももったいないと思います。

 

てかこのレベルの心を開かせるテクニックなんてのは、出来る人は無意識のうちにやってることです。しかも基本的に自分の人生に関わる人、全員に対して当たり前のようにやっています。「恋愛で頑張んのヤダ」って思ってしまう女性は、自分が恋愛以外の人間関係で人より努力してないことを反省してください。

 

あなたが気を遣ってない分、相手があなたに気を遣っています。周りの友達や職場の人に、もっと思いやりをもって接することから始めてください。恋愛だから、疲れるんじゃありません。むしろ恋愛は、人間関係の中ではカンタンなほうです。だってカラダ、異性としての魅力、気に入らなければ別れられる、法律や世間体で縛れるなどたくさんの手札が用意されているからです。

 

「すぐ別れちゃうかも知れないし」なんて言ってないで、彼を幸せにするために全力を尽くしてください。(尽くすわけじゃないですよ。惚れさせろってことです)彼ママのいいところをマネすることは、あなたの成長にすごくいいことです。だって彼ママは、あなたが好きになるようなステキな男性を育てた女性です。

 

彼ママはかつてステキな男性と結婚して、難しい結婚生活を何十年も維持しながら、さらに息子をいい男に育てあげた優秀な女性です。マネして損なわけない。たとえ今の彼とダメになったとしても、マネする価値はあります。

いかがでしたか?

 

1つの記事にまとめるつもりが、5こになってしまいました。ごめんなさいね、長くなってしまって。この「彼ママを超えろ☆プロジェクト」、蜜の場合完成するまでに8年近くかかりました。長いですねー 蜜も若くて迷いがあったからね、今やったらもっと早いと思うけど。

 

で、いつ「よし、終了☆」って思ったかって言うと。彼ママとのバトルのあとのことでした。

 

ごたごたが落ち着いてしばらくたったとき、彼がふとお酒を飲みながら「おかんは古いんだよ、性格もキツいしさ…」とぽろっと恥ずかしそうにこぼしたのでした。今まで価値観が癒着してて、ママと一心同体だった夫。

 

そのせいかどこか甘ったれてて、独り立ちしてない部分がありました。親世代の価値観を振りかざして「蜜は常識的じゃない!!」って言ってみたり、「ママのやり方じゃないとヤダ!」って新しい方法を試すとき意地張ったりすることもあった。かっこつけて「常識」とか持ち出すけど、要は「お前はママと違う!!」ですよ。「古風な頑固オヤジ」気取ってても見え見えだっつーの。このバブちゃんが。

 

その彼が、自分の母親をようやく客観視できるようになった!!やりました!!やりましたよ!!「お姑さんが亡くなってからようやく、私の言うことを聞くようになった」って先輩の女性もいらっしゃるんですけど。待てません。今、寿命長いですから。それに人の死を願うような人間にはなりたくないですもの。

 

蜜は夫に、自分の足で立てる人になって欲しかったのです。結婚生活を維持するには便宜上、蜜に惚れててもらわなきゃ困ります。でも支配したいわけじゃない。自分の時代を、親の価値観から脱却した状態で、自分の意志で生きて欲しかったのです。

 

「これだけ労力かけて、成果ってそれっぽっち?」って思う人もいるかな?かもねー。でも蜜は結果に大満足だよ。確かに自分で自立できる人もいるし、そういう人を選べばこんな苦労しなくてもよかったかも知れないけど。

 

表面上はオトナに見えても、親の呪縛から逃れられない人っていっぱいいる。もし恋人の中の「彼ママ」の存在に苦しめられてる人が、読者さまの中にいらしたら。「蜜はこうして乗り越えたんだな、じゃ私はこうするわ」って参考にしてくれたら、嬉しいです♡

 

以上、蜜でしたー♡おしまい♡今回は長かったなー、みなさんもお疲れ♡

ママ友はいなくて大丈夫な4つの理由 - 蜜の国

好かれる人の秘密① 拒絶しない - 蜜の国

モテる人必見!女の嫉妬の上手なかわし方① - 蜜の国

おばさん相手にモテテク使ってみたら200万の商談がまとまった話 - 蜜の国