蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



打算的な恋愛ができなくてヨーロッパに消えた友人の話

こんちはー 蜜です。今日は「恋愛に打算は大事だよ!」って話をしたいと思います。多くの女性が計算高い女性を嫌います。確かに自分を過剰に良く見せたり男性の関心を集めたいがために策略を練ったり、人を利用したり陥れたりする女性は見てていい気分じゃありませんね。

 

だけど蜜は男性と関わるんだったら、ある程度の打算と計算は必要だと思っています。だって男性は危ないです。「友達だよ」とか「親戚のおじさんだよ」みたいな顔して近づいてきて、こちらが気を許した瞬間、「えへへーオオカミでしたー♡」みたいに急変する人たちなんですよ?!

 

相手が打算にまみれてるから、こちらもある程度それを加味した上で付き合わなきゃいけないんです。やましい気持ちは男性のほんの一面であって、すべてが欲にまみれてるわけじゃありません。女性のみなさんには、男性の欲望をうまく制しつつ、彼らのいい面を引き出しながらあたたかい関係を築いて欲しいです。

バイリンガルでスタイル抜群、性格も明るい美人なのに

f:id:blissfulness:20150503212305j:plain

って友達がいました。彼女は中学(女子校)のとき仲良しだった友達で、偶然20くらいのとき電車の中で再会しました。それからしばらく共通の友達も含めて遊ぶようになったんですが、話を聞くととんでもないことになっていました。

 

彼女(仮にKちゃん)は広末涼子とかガッキー系の美人で、ダンスで長年鍛えた体はスラリと美しく、声も性格も明るいいい子です。でも再会した頃はなんかあやうい不安定なめんどくさい雰囲気を発散していました。Kちゃんはそんなスペックの高い女の子でしたから、モテるのは当然。

 

でもいつも「同僚に仕草がエロいって言われて~♡」とか「私をめぐってナンパ目的の男が争った~♡」とかレベルの低いモテ自慢をしきりにしていました。彼女は外国人男性も好きで、よく観光にきてる彼らに声をかけたり自分もヨーロッパに行ってナンパされて付いて行ってるようでした。

 

こんなにモテそうな外見なのに、ちっともいい感じでモテてなかったんです!!彼女は愛に飢え、注目や関心に飢え、不安そうに蜜にモテ自慢を繰り返していました。「すごいね、モテてるんだね」って同性から言われて、「自分はちゃんとモテてるんだ」って安心したかったんだと思います。

それって恋愛なの…??

 Kちゃんはイタリア人やフランス人の彼との恋愛の様子を蜜に教えてくれました。「すっごいロマンチックで、世界を舞台に恋愛してるの♡」って調子で語るんですが、つまりは便器でした。

 

フランス人の彼からは「将来キミと結婚したい。スウェーデンにある僕の城に来てくれ。でもキミのこときちんと両親に紹介したいから、準備が整うまで待ってくれ」 待ってくれって… う・そ・だ・ろ? そもそも城持ってねえだろ?!結婚チラつかせて女に夢見せて、タダでさくっとやって飽きたらさくっと縁切ろうって、よくあるやつだろ?!

 

イタリア人の彼はベタに「キミを愛してる… イタリアでは愛してるって特別な言葉なんだ…これを言うのはもちろんキミだけ。また日本でキミに会えるのが待ち遠しい…」とメールがくる。 これって現地妻への社交辞令だろ?! Kちゃん、セミプロ扱いされてるよ!!

 

またイタリア人の彼②。おいおい、さすが盛んだな!イタリア人! この3人とは同時進行だったけど、Kちゃんは結局イタリア②(フリーター)にほれ込んで、高収入で安定した日本の貿易会社を辞めて、ある日イタリアに飛び立ってしまった。

しばらくSNSで様子をアップしてたけど

 Kちゃんはイタリアで同じく日本人女性と②を巡ってバトルになり、負けたけど②になぐさめられて帰国しないことにしたそう。②、ウハウハだな! もうムダな争いこの上ない! ②がクソすぎだろ!

 

蜜は結婚生活や出産、引越しなんかが忙しくなって、とんとSNSでKちゃんのページを見なくなってしまった。もう連絡取るのも不安っていうか、「生きてるかな…?」って不安なんだけどさ、どうにかなってたらやだから知らないでおこうっていうかね。その頃はテレビつけるにも、「日本人女性、イタリアで失踪」みたいなニュースやってたらどうしようって思うくらいだったよ。

 

Kちゃんの日記見ると、なんとも言えない寂しくて空しい気持ちになった。何とか助けになりたいけど、一人の友人としてはもう手に負えない問題だよ。どうしてこんなことになっちゃったんだろうなぁ…

Kちゃんの心の闇に迫る

Kちゃんは普通にしてたら、普通にいい人と付き合えたはずです。だって美人でスタイルもいい、声もかわいくて自立してる。なのに普通の人と、普通に恋愛が出来ない。おそらく理由は2つあって、

  • Kちゃんが情熱的な恋愛に憧れすぎた
  • 自分に自信がないのを男性から見抜かれた

だと思います。Kちゃんは少女マンガ(っていうかロマンス小説?)みたいな恋に憧れた結果、甘~い言葉を気安く言ってくれるイタリア人に惹かれてしまった。実際はひどい扱い受けてるのに、表面的な優しい言葉にだまされて自分の現状に気付けません。

 

たぶん彼女は生きてるのが不安な子だったんだと思います。心に風穴がぴゅーぴゅー吹いてて、それを手っ取り早く埋めてくれる相手が欲しかった。真剣に女性とお付き合いしたいと願う男性は、こういう子を極力避けます。めんどくさいからです。

 

でも悪い男はこういう心に穴が開いた子が大好きです。好きっていうか手っ取り早く食えるタイプだって経験上知ってるし、甘い言葉でカンタンに都合よく扱えるからです。

 

Kちゃんは外国人と付き合うことで、「恋のパイオニア、情熱的で自由に生きる強い女」って自分のことを思いたかったのかもしれません。普通にしてるだけで十分ステキで恵まれた容姿のいい子だったのに、なぜか「私はすっごい価値ある女なんだから!!」って叫ぶ。まったく自分に自信が持てなかったんですね。

今日の教訓

 ね、蜜はKちゃんの助けになれなかった。でもこれ読んでくれてる、恋愛に悩む誰かの助けになれたら嬉しい。じゃまとめるよ。

美人でもスタイル良くても、自信がなきゃダメ

自信っていうのはですね、「私はなんかうまくやれそうな気がする」って思うことです。「私はどこ行っても大丈夫…」って根拠もなく思えることです。ある程度こう思えないとどんなに美人でもスタイル良くても、知性があって仕事が出来ても、人と対等に付き合えないんです。

 

逆に言うと、ブスでも安定感がある子はモテます。顔、やっぱり絶対じゃないんですよ。その点はみなさん希望を持ってください。もちろん美人とかスタイルいいとか、目に見えて人に褒められる要素がある人は自信を培いやすいです。でもKちゃんみたいにそれが出来ない子もいるんですね。心が不安でいっぱいだとあの通り、やっぱりモテないんです。

 

美人でモテないなんてことになると、ブスでモテない子よりよっぽどかわいそうな感じになりますよ。まず変な男も倍寄ってくるし、「なんで愛されないの?!」って悩みも、あきらめつかないわ深いわで、踏んだりけったりですよ。

心の穴を恋愛で埋めようとしちゃダメ

自分の心の問題を他人にかぶせようとすると、たいていおかしなことになります。同性でもやっかいな関係になります。依存し合うとか力関係が生まれるとか、さわやかで対等な関係じゃいられません。

 

女性のさみしい心につけこんで、いい思いをしようとする男性はいっぱいいます。体やお金、その女性の能力や地位を利用しようという男性です。

恋はそもそも欲望なんだぜ

 恋は幻。そんなの女が男に見せときゃいい。女の子はしっかり現実みて、身を守りながら上手に男性と付き合って欲しい。甘いセリフにいちいちよろめいてるようじゃ、本当に誠実な男性の存在が目に入らなくなる。

 

女の子は自分の恋心に注目しすぎちゃダメだよ。だって恋は欲望なんだ。不安定だし、表面的で根拠がない。「この人好き!信頼出来る!」こういう気持ちはとても大事。でも「すっごくロマンチック♡」とか「一緒にいるとドキドキする♡」とかなんか浮ついた気持ちだったら要注意だよ。

恋愛結婚っていうのはなぁ

恋愛結婚って言葉に惑わされてないかなぁ?まともで自分に合った男性と付き合うために、男性を見定める期間が必要だったり恋させて追いかけさせたりする必要がある。恋愛結婚じゃなくて、正確には「恋させて結婚」。女も同時に恋を楽しめるとは限らないよ。

 

男と女は違うよ。非対称な関係なんだ。「この人完璧じゃないけど、人間的に尊敬できるところがあるなぁ。誠実な人だし、長くいい関係を築けそう」。女性は男性と付き合うなら、冷静にちゃんと計算出来て相手を観察することが大切だよ。

恋はぜいたくなもの

 若い子の夢をつぶすようで悪いんだけどさ、恋ってそもそもぜいたくなことなんだよね。男性と対等に戦えない女性が、相手をよく見ず情熱のままに行動するなんて危険だよ。すぐだまされたり、ゴミみたいに軽く扱われたり、取り返しのつかない傷を負わされたりさ。恋は社会的にもカラダ的にも恵まれた、男だから出来るんだよ。

 

雑誌や少女マンガ、ドラマの恋愛を鵜呑みにしちゃダメだよ。蜜はここで声を大にして言いたい。

 

女は浮ついた恋なんてしなくていい!

いい男を捕まえて恋させて、じっくり愛をはぐくむことに目を向けろ!

深い愛のための周到な準備 それは打算

誰とでも、いつでも、愛情にあふれる関係を育めるわけじゃないよね。子供が欲しいなら特にそう。見た目が好みで、誠実で性格もまともな人と付き合いたいよね。そしたら自分の恋心の「ドキドキ」とかをバロメーターにして動いちゃダメだよ。行動がブレる。

 

きっとKちゃんだったら「そんなのウソの関係じゃん!計算高いよ!恋愛じゃない!」って反発するんだろうなー でもね、恋はインスタントでも出来るけど、愛ってそんなカンタンなものじゃない。二人の関係が安定しててお互いに尊重できて、過ごした時間の重みの根底に、じんわり流れていたもの。それが気付いたら愛だったんだよ。恋あってもいいけどさ、なくてもよくね? 欲望や形にこだわりすぎると、本当の望みがわからなくなるよ。 どうしてるかな、Kちゃん…

 

以上、蜜でしたー

 

美人とブスへの対応の違い - 蜜の国

一緒にいて楽しい人になる方法!会話が楽しくなるコツ教えます - 蜜の国

「料理上手はモテる!」女子がそう勘違いする瞬間を目の当たりにした話 - 蜜の国

モテない男性を傷つけずに邪険にする方法がわからない - 蜜の国