読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



モテる子の「性格のよさ」を解剖してみた 清らかさは美貌に勝る魅力

ブス必見!恋愛で大逆転起こすチャンスだぞ

f:id:blissfulness:20150430052529j:plain

こんちはー 蜜です。今日はー、ブスなあなたがーかわいいあの子にー打ち勝つ恋愛の掟についてーお話したいと思いまーすー。気になりますか?気になりマスかー。 じゃ早速行ってみましょい☆

聖性>美貌の法則

 恋愛ではかわいい子が有利です。それは間違いない。でもかわいくないあなたが、そんなあの子に恋愛で勝つ方法が一つだけあります。それは「聖性」を身につけることです!

 

よく男性が女性の性格を「素晴らしい!」と評価する言葉に、

  • いい子
  • ピュア
  • 天然
  • 母性
  • 品がある

があります。つまり男性は何をもって「女性の性格がいい」と指すかというと、

  • 清らかさ
  • 純粋さ
  • 他人を受け入れる心の広さ
  • むやみに争わない、競わない
  • 飾らなくても堂々と生きられる強さ

ざっとこんなところを評価しています。つまり人間のいやらしさを感じさせない、優しく豊かな心を持つ女性のことです。男性は外見の美しい女性に強く惹かれます。しかしこのような聖性のある女性にも同等に、いや時にはそれ以上の引力でひかれてしまうものなのです。

 

最近、悪口言うとモテない、とか「ありのまま」だと愛されないというテーマで記事を書きました。↓

悪口言うとモテない上にいじわるな人の標的にされやすくなる!上品に振舞ったほうが得な理由 - 蜜の国

「臨死!!江古田ちゃん」に学ぶ!「ありのままの私」が愛されないワケ - 蜜の国

 

これを逆から見てみましょう。つまりもしあなたが見た目ブスだとしても、男性から「清らかで野に咲く花のように素朴で、でも凛とした女性だ」という印象をもたれる女性になったら、外見だけ美しい女性には簡単に勝てる、ということです。

聖性をかもすのは難しいことじゃない

  •  普通に礼儀正しく
  •  〃 笑顔で誰にでも平等な態度で
  •  〃 常識的で清潔感あふれる格好して
  •  〃 一人でちゃんと生活できる金銭感覚、家事能力があって
  • 悪口言わなくて
  • 自分を過剰に下げる発言しなくて
  • 穏やかに自信を持って、他人の目を気にせず生きられれば

これが出来ればたいていの男性は、あなたがそこに立ってるだけで何も言わなくても「清らかで美しい…」と思うようになっています。多少わがままだったりブサイクだったり、変態だったり趣味が腐ってたとしても、こういう女性は間違いなくクソモテします。

 

難しそうに見えるかもしれないけど、ほとんどの項目は今日から実践可能です。お金の管理や家事の項目は身につけるのに時間がかかるし、直接モテに関係ないです。でも聖性をかもすために大事なのは「人として自立している」ことです。大人になっても親に過剰に甘えて依存心が高い人は、他人の目からみると幼稚でめんどくさい

女性に見えるから気をつけてください。

 

これも以前記事にしました↓

ブスなのにモテる女になる方法 メンタル基礎編 - 蜜の国

 

これがある程度出来てないと、いくら美人だったりセクシーだったりしてそそる見た目を作れても、「美人なのにモテない」「ヤ〇友、セカンド止まり」「すぐ飽きられる」女性になってしまいます。あとブスが「ちょいダサにする」などハードル下げる系のモテテクすると、聖性がともなってない場合そっこー便器か変態(かモテない男性)の餌食ですよ。それくらい清らかさは大事。

関連記事↓

清楚なグラドルという矛盾 - 蜜の国

なぜ男性にとって清らかさは大事?

ね、みなさんもこの社会の不平等さを身にしみて感じるお年頃になったと思いますけど、男性は身勝手な生き物です。男はよくて女はダメ。そんなこといっぱいあるでしょ?これもその一つだと思ってください。

 

男性にとって「清らかさ=女性性」なのです。男は攻撃的でずるくて汚い存在でもいいけど、女の子には汚れてて欲しくない。嫉妬とかコンプレックスにまみれてたり、人を陥れるような悪いこと考えてるような女性でいて欲しくない。いつもぽや~んと空でも見てて、人にだまされても気付かないお人よしで、他人のことも否定しないかわいくて芯が強い女性が基本的には好きなのです。

 極論しますけど「理想の女性=二次元のおにゃのこ=聖母や観音さま、女神、天使とか架空の存在」なのです。性欲の対象はリアルな女性(の場合が多い)。でも理想の恋人は人じゃ、ないんですね。(これは女もそうか)

 

でも安心してください!聖性をかもすのは、ポイントさえ押さえとけば誰でも出来ます。さっきの実践項目でも、当たり前のことばっか書いてありましたよね?こんなことくらいで、聖性かもせんのかって思いますよね?でも意外と全部出来てる人は少ないです。周りの女性を見渡してください。こんな何気ないリストでも、2,3項目ザラに欠けてるでしょ?

 

あなたは自分の足りないとこちょっと補う努力するだけで、周りの女性と断然差をつけられます。なぜか。それは蜜がまとめた「清らかさアップリスト」を知ってるからです。読んでしまえばあったりまえじゃん、ですけど、意外とみんな論理的にリストアップしてないです。

 

たいてい「モテるのは性格のいいブス?性格の悪い美人?」とか考え方が雑で極端で当てずっぽう。モテに対する観察眼がぼやけてて、しかも論点がすぐズレます。努力はピンポイントで欲しい効果を明確に狙ってしなくちゃ、いつまでたっても結果がついてこないですよ。

普通に清らかにしてれば、あとは男性が脳内でなんとかしてくれる

意外かも知れませんが、多くの女性が男性に失望してるように、多くの男性はリアルな女性に失望を感じています。つまり上に挙げたリストをコンプリート出来てる女性が少ないってことを嘆いています。

 

だから究極に聖なる存在なんか目指さなくて十分です。普通に出来る範囲で清らかだったら、これだけで男性から「姫扱い、女神扱い」を受けますよ。「この子は特別!!」こう思わせたら最後、あとは勝手に男性があなたの行動をすべて、脳内で「理想の彼女」に変換して楽しみます。

 

ポイントは「本当の私を見て!」なんて思わないことです。夢は見せてナンボです。夢見れない相手には、男性は恋なんて出来ませんから。あとは彼の「夢」を壊さないことに注意しながら、「清らかさリスト」を生涯大事に守って好きなように生きればいいです。こうなったらもうモテようと思わなくてもモテるし、たいていの男性は意のままに動かせるし、生きるのもラクになりますよ。

 

おかざき真里さんに学ぶ彼の理想の女性になる方法② - 蜜の国

LOVE理論に学ぶ、モテる女に必要なもの スルー力とすっとぼけ力について - 蜜の国

かわいい声で七難隠せ!!優しく穏やかでハリのある声の作り方 - 蜜の国

かつて「魔性の女」だった私が語る、男たちがこぞって私を追い求めたわけ① - 蜜の国