読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



彼から毎日「かわいいね」と言わせる方法

こんちはー 蜜です。蜜夫婦は付き合ってから13年たつカップルです。いまだに夫は毎日「かわいいね♡」「キレイだね♡」を毎日言ってくれます。もしかしてあなたは「特別愛される性格の女性」か「年取っても劣化の少ない美人」しか、パートナーから長期間褒められないなんて思ってませんか?

 

彼から褒め言葉を引き出すには、あるルールがあるんですよ。今日はそれをお伝えしたいと思いまーす。

彼から毎日「かわいいね♡」と言わせる方法

f:id:blissfulness:20150428034422j:plain

早速本題でーす。彼から毎日褒められるには、

  1. まずあなたが手本を見せる
  2. 彼があなたを上手に褒められるように訓練を重ねる
  3. 彼好みの外見を保つ
  4. ごくナチュラルな可愛い仕草をマスター

この4つが大切です。たいていの人は3と4に重きをおいてしまいがち。でもね、それだと彼に「かわいい♡」って思われても、褒め言葉ゲットには至らないケースが発生しますよ。かわいくなる努力と同時に、彼の「褒め出力」を鍛えて「褒め環境」を整えないと。

 

あとあなたは「本心から『かわいい♡』って言ってほしい!」って気持ちを捨てなければなりません。なぜか。はい、次の項目にいきましょうね。

「かわいいね♡」を引き出すときの注意点

「かわいいね♡」「きれいだね♡」ステキな言葉ですよね。でもみなさんはなぜこの言葉を言って欲しいですか?蜜は

  • 自分が彼にとって価値ある存在だと確認したい
  • パートナーに褒められることでいい気分になりたい
  • 「毎日褒めてくれる」この行為から彼の愛情を感じたい
  • 「かわいいね」と彼に何度も言わせることで、彼の私への気持ちを強化させたい

この4つです。

 

みなさんがもし私と同じ理由で彼から褒められたいなら、「本心から『かわいいね♡』って言って欲しい!!」という気持ちを捨てなくてはなりません。多くの女性がこの気持ちを当然のように持っていますが、はっきり言って傲慢です。

 

人に感情を強要することは暴力です。「かわいいって言って♡」はOKですが、「かわいいって思って♡」は重苦しく押し付けがましいです。この違いがわかりますか?人の心は自由です。彼があなたをかわいいと思うかどうかは、彼次第。気持ちは伝わるもの。心の中だけでも、彼に『感情』を強要してはいけません!

あとかわいさを誰かとの比較で捉えないこと。「あの子のこと見てたよね!?私だってかわいいよ!ねえ、私のほうがかわいいでしょう?!」こういう気持ちを持つと、彼をうんざりさせてしまいます。なぜなら「かわいい」を誰かと比較してしまうと、キリがないからです。

 

彼に「かわいいよ」って言われることでようやく「私って価値があるんだ♡」って思ってるようではいけません。これではあなたの自尊心が彼の評価で揺れ動いてしまいます。付き合いはじめはこれでもいいかも知れないけど、長い目で見ると彼からうざがられたりバカにされたりする原因になります。

 

さて、まとめましょう。「かわいい♡」って長期間ひんぱんに言われたかったら、

  • 彼に感情の強要はしない、彼が何を思おうが彼の勝手。
  • 誰かとの比較で「かわいい」かどうか判断する心を捨てる。
  • 自分で自分の価値、「私はかわいい♡」と認める。

これが大事です。あなたはもうすでに彼とお付き合いしているんだから、彼があなたを「かわいい」と思ってるのは当然です。自信を持って堂々としてください。誰かとの比較で物を考えることは貧しいことです。

 

他人との外見の比較で「私ってかわいいかなぁ…?」とかやってると、無限地獄へまっしぐらですよ。蜜はですね、フレンチブルドッグが好きなんですが、あの犬に似てます。ブサイクだけど、かわいくないですか?ファンも多い犬ですよ。蜜、かわいいですよ?いつもぺっちゃんこの鼻すんすん言わしてて…

 「アリかわいい♡」「花かわいい♡」「とんぼかわいい♡」って言うのに、どうして自分だけはかわいくないんですか?一生懸命けなげにかわいく生きてるじゃないですか!どうして美醜だけが判断基準なんですか?自分のことだって「きれいか、きれいじゃないか」って基準だけじゃなくて、「見てて落ち着くかどうか」「どこか愛らしい感じがする」「一生懸命がんばってるなぁ♡」って基準でかわいいって思っていいんですよ!!

  

じゃ方法の詳しい説明に入りまーす。

1、手本を見せる

 彼から褒められたかったら、まずあなたから彼を褒めてしまうのが手っ取り早いです。女の子同士でもお互い褒めることってよくありますよね。相手に褒められたから、こっちからも褒めなくちゃなって。あれを彼ともやりましょう。

 

「男が褒めて、女はただそれを受け取るもの」。このイメージに縛られてる人は、まずこれをキレイさっぱり捨て去りましょう。みんながこれをやってた時代なら少しは期待してもいいけど、こういう文化背景が残念ながら今の日本にはありません。ナチュラルな状態では「めったなことでは男は女を褒めない」と思ってください。

 

今は「女が上手に男を褒めると、男も他人を褒めることを覚える」です。褒めるのは断然女の子のほうがうまいです。お互いに褒めあうのが文化として定着してるからです。でも男性は違います。あんまりお互い褒めあわない。だからあなたがお手本になって、「褒め合うと気持ちいいよ♡」ってまず教えてあげる必要があります。

 

具体的には、毎日隙あらば「今日もかっこいいね」と声をかけることです。植物に水をあげるように、毎日毎日彼を褒めてあげましょう。「今日もイケメンだね♡」「背が高くてかっこいい♡」「そんなこと出来るの、すごいね♡」「顔が整っててキレイだね♡」「胸板厚いね!えらいね、鍛えてるんだね♡」

 

あなたが10褒めると、ようやく彼から1か2返ってくる。最初はそれくらいだと思ってれば間違いないです。

 

あと褒めてくれたら、体も使って大喜びを表現しましょう。恥ずかしそうに照れた様子でもじもじするのもいいでしょう。彼が喜びそうなアクションを普段から考えておいて、彼から褒められたら実行する。彼に「褒められると嬉しい!女の子褒めると楽しい!」を教え込むことで、彼から毎日褒められる下地を作ります。

2.訓練する

 あと彼があなたを褒めてくれない原因として、「かわいい♡」って思う→かわいいねって言う、 この経路が出来ていないことがあります。つまり思ってても口に出せない。どうやって褒めたらいいかわからないし、女の子褒めるなんて恥ずかしくて出来ないんです。

 

訓練①オウム返し

彼の耳元で「今日もかわいいね♡」って囁きます。で、次に目をじっと見つめて期待します。彼がにぶくてわかんないようだったら、「私が言ったこと繰り返してね、今日もキレイだよ、ハイ」ってもう一度耳元で囁きます。そしてにっこりしながら彼の目を見つめます。

 

これ何回か繰り返してれば、そのうち彼は自分から褒めてくれるようになります。コツはゲーム感覚でいちゃいちゃしながらやることです。「私のトリセツ教えてあげる♡ボタンはここ♡」ってな感じに小悪魔みたいに振舞うのもいいでしょう。ちなみに蜜はインコっぽくささやきます。

 

訓練②普通に頼む

「あなたから褒められて、私いい気分になりたいわ。褒めて」と直接言います。「かわいいねって言って♡」でも良いでしょう。そして褒められたら、ちゃんとお礼を言いましょう。

 

とにかく何度も何度も「私はあなたから褒められたら嬉しい」「褒められたら機嫌がよくなるの」と教え込みます。多くの男性はこれがよくわからないのです。女性がはっきり口に出さないといけません。しかも何回も何回も言わなきゃ覚えられないし、覚えてもすぐ忘れてしまいます。忍耐強く教えてあげましょう♡

3.彼の好みの外見を保つ

「彼の好みの外見」→「かわいいって言われる」 こう勘違いしてはいけませんよ。彼好みの外見を保たなくちゃいけない本当の理由はですね、「あなたの女性の好みを尊重してますよ」と彼に示すことです。「彼のすべてを受け入れてることを示す=愛を示す」ためです。

 

「こいつはオレの好みなんてどうでもいいんだな」って思うと、彼はあなたを素直に褒められなくなります。なんかわだかまりが残る。これを防ぐために、だいたい彼好みの外見にしておく。100%じゃなくていいです。嫌いな系統のファッションやメイクしないだけで十分。

4.ナチュラルな可愛い仕草をマスター

これは過去記事を参照してみてください。

なぜかモテちゃう!かわいくみえちゃう!~伝授します犬の心~ - 蜜の国

 

ブスなのにモテる女になる方法⑨誰でも出来て効果は抜群!モテ仕草 使用上の注意付 - 蜜の国

いかがでしたか?

男性は「かわいい♡」を表情や行動で示してくれます。あなたが冷静に彼を観察してれば、そんなこと彼が口に出さなくてもわかるはずです。ではなんでわざわざ苦労してまで彼に褒め言葉を言わせるのか。

 

一つは彼にあなたの操縦法を覚えてもらうため。褒められれば愛されてる気がして安心しますよね?「かわいいね♡」って言われれば、なんか機嫌よくなりますよね?長く男性と付き合うには、彼があなたの機嫌取るのが上手なほうがいいです。

 

つまりコミュニケーションを円滑にするツールとしての「褒め言葉」を、彼にマスターしてもらうことが目的です。これは彼自身の能力アップにもつながるので、彼の職場での人間関係もよくなるはずです。

 

もう一つの理由は、彼があなたに嘘でも「かわいいね♡」と言うと暗示がかかって「ほんとにかわいいかも」となりやすくなるからです。恋はしょせん幻。暗示で強化できます。二人の愛を保ちたかったら、適度に彼の心の恋の炎を燃やし続けることが必要です。そのためのツールとしての「褒め言葉」。

 

教えるあなたは大変だけど、「褒め言葉」をマスターすることは彼のためにもなるし、長期的にラブラブを保つのに男性にも必要なスキルです。是非楽しみながらやってみてくださいね♡

 

以上、蜜でしたー

 

自分で出来るストーカー対策 - 蜜の国

めんどくさい人たちは失礼な対応されることに慣れている - 蜜の国

モテる女の処方箋①~不機嫌を飼い慣らす~ - 蜜の国

夫が理想の男=ピッコロさんにそっくりで毎日天国 - 蜜の国