蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



悪口言うとモテない上にいじわるな人の標的にされやすくなる!上品に振舞ったほうが得な理由

いよ!こんち☆ 蜜でっすー 前回瀧波ユカリさん著・「臨死!江古田ちゃん」というマンガを皆さんにご紹介しました。今日はその7巻と8巻からのエピソードをご紹介しながら、まずは「どうして悪口言うとモテなくなるか?」というテーマで記事を書いてみたいと思いまーす。

蜜は話長いから、結論先に言うね!

f:id:blissfulness:20150426040815j:plain

Muffet

思考回路が悪口モードだとモテない

①人の領域と自分の領域の境界があいまいになる。

②人の幸せが自分の幸せに繋がるように思えない。

 

この二つが重なると、人は悪口マシンになってしまいます。何を言っても何をしても、自分や他人を傷つける結果になってしまいます。

 

①と②が直れば自然と悪口言わなくなって、同時に他人からめちゃくちゃ好かれるようになります。自分自身もラクになってとても生きやすくなります。でもこの①と②って、そもそも何のこと言ってんのかよくわかんないですよね。でも具体的に説明すると長くなって本題に入れないので、今回は「これから書く話のベースメントととしてこんな考えあるよ」くらいのご紹介に留めたいと思います。

まず「行動を正す=悪口言わない」ことでいい循環を作る

 で、今日言いたいのは、まず「悪口言うのやめてみよう」です。悪口言わないことで、まず悪口言うような人たちとの関係を薄くする。人を嫌だと思ったり妬ましく思う自分の気持ちからから、しばらく目を逸らす。その分余ったエネルギーを自分に向けて、リラックスできる時間を持ったり人と比較しないで出来る楽しみを見つける。

そうしてるうちに次第に心が満たされて、悪口言いたくなくなる人になる…それが今日の蜜の筋書きです。

 

まずカタチから入っちゃう。そして悪口言いたくなる心の根っこを正す。

自分軸で生きられない人が悪口いっぱい言う

そもそも頻繁に悪口を言ったり、人をすぐ否定したりする人というのは、自分の価値基準で生きられない人です。本人は「意志や考えが強すぎる=気が強い」から自分はモテないのだと勘違いしてる場合もありますが、実際は逆です。

 

「独りよがりな説教したり陰口叩く=世間的な価値基準で人を裁く=自分の頭をきちんと使ってものを考えられない=自分の意志や考えが実は皆無」だからモテないのです。たとえば親世代の価値観から抜け出せない人は、若くてもババ臭い雰囲気が外見や言葉のはしばしに表れます。

江古田ちゃんってどんな子?知らない人のためにちょっと感想言いながら説明するー

「臨死!江古田ちゃん」は最終巻間際の7,8巻が特に悲惨です。絶対こんな目に遭いたくない!もし蜜が江古田ちゃんだったら、正気を失うくらい辛い毎日なんだろうなー

臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)

 はじめはいい感じに始まる男の子との関係も、遅かれ早かれ肉便器扱い。一夜限りみたいな男の子から振られることもしょっちゅうで、好きな彼には毎週会えるけど本命にはどうやってもなれなくて、大切にしてくれる人はキモい。

 

キモい彼には会いたくないけど、愛が足りなすぎて仕方なくエナジーチャージのために会ってしまう。人肌恋しすぎて、大して知らない男性とも行きずりの関係を持ってしまう。

臨死!!江古田ちゃん(8)<完> (アフタヌーンKC)

江古田ちゃんについてはこの記事でも取り上げたよ。 

えっと、江古田ちゃんは

  • ヤ〇マンビッチがあだ名になるくらい性が乱れてる
  • 多くの男性から人として扱われてない
  • 好きな人の本命にはどうやってもなれない
  • しょっちゅう振られる
  • 生理的に受け付けなかったり、人として尊敬できない男でも、かまってくれるなら付き合うし深い関係になる

そんな女の子です。とてもモテてるように見えないかも知れないけれど、普通以下の魅力しかない女の子だったらここまで豪快にビッチになれません。しょっぼく描かれていますが、江古田ちゃんの原型は「男性にモテるキレイな女の子」です。ただ心や行動がアレなんです。

さて本題 「どうして悪口言っちゃいけないの?」に答えるー

頻繁に悪口言うと下品で安っぽいオーラが出るからー

人の悪口が大好きな人は多いです。むしろ悪口しか話すことがないのか?!って猛者も、現実には大勢います。江古田ちゃんもその一人です。陰口大好き、根も葉もない他人のよくないウワサはばら撒く、面と向かって相手を否定する…ひどいと道で出くわした赤の他人にも説教かまします。

 

「え、でもなんで悪口言っちゃいけないの?思ったこと口に出したらスッキリするし、大体ムカつくようなことしてる奴が悪いんじゃん!」って思いますよね?でも実は悪口を言うと、あなたの品性が下がってしまうのです。安っぽいオーラや嫌な感じのオーラが知らないうちに発散されて、他人からバカにされたり攻撃しかけられたりされやすくなってしまうのです。

しょっちゅう悪口言ってると他人から冷遇される

しょっちゅう悪口言ってると、悪口言ってるあなたを知ってる人はもちろん、あなたが普段どんな子なのか知らない他人まで、あなたに冷たくあたります。それがなぜなのかは置いといて、まず悪口を言ってしまう人の心の動きを見てみましょう。

 

蜜は人が悪口を言ってしまう原因を、

  • 自分は自分、人は人と思えない
  • 自分に自信がなくて人がうらやましい
  • 周囲の出来事に振り回されて、自分のことに集中出来ない

と考えます。つまり「私なんか〇〇だし」「どうしてあの子ばっかり!」「こんなことしたらみんなにどう思われるだろうか」「私ってすごいでしょ?!」こういうことばっか考えてる人が、悪口を言いやすくなるのです。

 

こういう考え方をしてる人というのは、

  • 人からバカにされやすくなる
  • 客観性に乏しくなって、好感度の高い発言や外見を保てない
  • 人の意見や価値観に振り回されて、自分のことがわからない

という結果に陥りやすいです。悪口言う人というのは、実は自分のことを他人より低く見ている人なのです。自分の存在をどんなポジションに置いているかというのは、自分ではなかなか把握できません。しかし他人から見れば一目瞭然。出来るだけ品性もプライドも高く保たないと、簡単にいじわるな人の標的にされてしまいます。

ではこれ見てください

f:id:blissfulness:20150426040848j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)

写真撮るの毎回ヘタでごめんねー(照)蜜は以前中小企業の会社の受付を、代理でするお仕事をしていました。色んな会社の受付代理として、一日何百本も電話を取るのね。色んなセールスの電話もかかってくるよ。でも相手も会話のプロ。よっぽど腹立つ話し方しない限り、上のマンガみたいに「ばーか!」とか言わないよ。

 

江古田ちゃんはこのときたまたま運が悪く変な相手に当たっちゃったのかも知れないけど、蜜は相手がこの短いやり取りの中で何か「むかつく感じ」とか「攻撃してもいい相手」のサインを感じ取ったんだと思う。変な奴っていっぱいいる。でもそんな奴から「怒りや不満をぶつけてもいい相手」といちいち思われたら損しちゃうよね。

 

普段からいつでも丁寧で親切な話し方が出来れば、こういう事故は避けられる。もちろん「ばーか!」なんて言う相手が悪いよ。だけどみんな世の中の人がまともとは限らないんだ。出来るだけ被害を受けないように、自分を守る方法を知ってたほうがいい。

 

いつも品性を保ち、他人対して優雅に振舞う。出来るだけ人や自分を貶める発言をしない。下品で安っぽい空気を身につけてはダメ。変な奴から無差別に攻撃されることになってしまうから。悪口言わないで。自分では自分の品性が落ちてるかどうかは、わからないものなんだよ。細心の注意を払って、気高く美しくトラブル回避して欲しい。

f:id:blissfulness:20150426040916j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(7) (アフタヌーンKC)

蜜も江古田ちゃんと同じで、道歩いてるだけで変な人に絡まれちゃうタイプ。でもこんな失礼な扱いはめったに受けない。どんなにおじさんだったとしても、初対面の相手にタメ口なんか利かせない。いつも「私を丁寧に扱え」って出来るだけ優雅にお嬢様(奥様)っぽく振舞うし、その代わり自分も出来るだけ人を丁寧に扱う。

 

ありのままの自然体で生きられればラクだけど、実は節度ある上品な態度でいたほうが社会を生きるのに何かとラクだよ。礼儀正しさは他人を遠ざける。知らない人との距離は、出来るだけ取ったほうがいい。自分の領域に踏み込ませてはダメ。そうしないとこういう変なおっさんから、不当な扱い受けることになる。

f:id:blissfulness:20150426040940j:plain

(引用:臨死!!江古田ちゃん(8)<完> (アフタヌーンKC)) 

↑この話もひどいよねぇ、とっても傷つくよねぇ。知らない他人からこんな風にバカにされることほど、屈辱的なこともないよねぇ。蜜、かわいそうで涙出ちゃうなぁ…

 

でもね、人からおちょくられやすい人っているんだよ。バカにされた態度を取られても、毅然とした態度を取れない人。「私は人から軽んじられる人間ではない!」っていうしっかりしたプライドがないと、こういうアホな店員のターゲットにされやすくなる。

普段から上品な振る舞いすることは自衛に繋がる

人によったらこの話は「悪口言ってたことといじわるされた体験って関係なくない?またこの人ってば電波な話して…」と思われるかも知れません。うーん、そうかも知れないけど、蜜が30余年生きてた人生においてはこの二つは関係ある気がするなー

 

よく「顔には性格が表れる」って言うでしょ?普通は「性格がいい、悪い」っていう単純な話の流れで使われる表現なんだと思うけど、蜜はちょっと違うと思うな。性格いい、悪いってそもそも基準が曖昧だから。蜜は「自信あるか、ないか」「コンプレックスに負けてるか、打ち勝ってるか」こういうとこを人は敏感に察知してる気がするんだよねー

 

だからいつも「モテたかったらハッタリかませ!」って記事書いてる。ここで言うはったりかますっていうのは、「上品に優雅に振舞え」ってことね。ま、モテるモテないは瑣末なことでして、大事なのは普段から変な奴から絡まれたり、ナメられたりしないことだよね。男からナメられたら終わりだよ。ナメられたら彼からも大切にもされないよ。

まとめ

  • 狙った男性がその場に居てもいなくても、悪口言わない。
  • いつも上品に振舞うと、他人から攻撃されにくくなるおまけもある。
  • 悪口言ってしまう、自分の心の弱さを見つめる。
  • 自分の心の中は案外他人には丸見えだということを自覚する。
  • 悪口まずやめることで、エネルギーの無駄遣いをやめる。
  • 悪口止めて自分に集中することで、心が補完されて満ち足りてくる。

以上、蜜でしたー