蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



一緒にいて楽しい人になる方法!会話が楽しくなるコツ教えます

人と会話することが10倍楽しくなる方法

f:id:blissfulness:20150401212824j:plain

素人が努力で話し上手を目指すのはイバラの道!

こんにちは、蜜です!話していて楽しい人とはどんな人でしょうか?話のネタが豊富でしかも面白おかしく話せる人というのは、当然一緒にいる人も楽しいです。とっても人気があります。

 

「自分もお笑い芸人のように周りをどっかんどっかん笑わせられたら、女の子にもモテモテで人気者になれるのに…」そう思って空回りしてしまうのは、男性に多いですね。でもばっさり言ってしまうと、話し上手になるのはとても難しいことです。空気を的確に読む才能と同時に、あえて読まない才能の両方が必要。

 

不特定多数の相手を想定して、話題のネタを増やすのも並大抵の努力では出来ません。だって人は一人ひとり興味の対象が違います。みんなが絶対楽しめる話題というのは、残念ながらありません。強いて言えば時事、ニュースや天気くらいじゃないでしょうか。

 

それにね、みんな必ずしも人から情報を得たいと思ってないんです。ネットや雑誌、テレビがありますから。人と話す目的の第一位はその場を楽しむことです。情報収集じゃありません。別にネタ豊富だからって、「楽しい人!」って思われると限りません。

 

「この人と話してると楽しい!」そう人が思うのは、自分の話を上手に受け止め聞いてくれる人がいるときです。つまり人気者になりたかったら、聞き上手を目指せばいいのです!

聞き上手は誰でもなれるし希少価値が高い!

f:id:blissfulness:20150401213042j:plain

Jeriff Cheng

人間ってのは話したい生き物です。どんな人も自分の話を聞いて欲しいと思っています。面白い話も聞きたいけれど、自分のことを話してるときのほうが10倍楽しい。でも人の話をちゃんと聞ける人は案外少ないものなんです。

 

聞き上手には誰でもなれるけど、ちょっとした工夫と努力が必要です。今日はそのコツを皆様にお伝えしたいと思います!

会話が楽しくなるコツ①相手の感情に注目する

話がつまらない人の特徴として、話が広がらないというのがあります。たとえば私はサッカーのルールがまったくわかりません。もう11人でやるのか9人でやるのかもわからない。でもだからといってサッカーの話題が楽しめないわけじゃありません。

 

よく知らない人と会話で一番困ることによく挙げられるのは「共通の話題がない」です。でも本当に共通の話題があれば、話は盛り上がるのでしょうか?私は違うと思います。その共通の話題を通して、喜びや興奮といった感情を共有してるから楽しいのです。

 

だから相手と喜びや興奮を共有出来さえすれば、共通の話題なんかなくってもいいのです。どんな話題でも大丈夫。さっきのサッカーの話に戻りましょう。ポイントは相手が、

  • サッカーのどこに魅力を感じるのか
  • 見る派なのかプレイする派なのか その思い入れ
  • サッカーとその人の関わりの歴史、思い出
  • 最近印象に残ったのはどんなプレイなのか
  • なんでそれが印象に残ったのか

これに注目して話を聞くことです。あなたは話す相手の心の動きを繊細に感じ取り、「楽しかったんだ、良かったね!」「そんな着眼点で考えてるんだ!勉強になるな~」と寄り添ってあげればいいのです。

 

あなたが楽しむのは話題そのものじゃありません。相手の顔や興奮した様子です。映画を見るように、臨場感あふれる感情の波を楽しみましょう。相手は話すことを楽しんでいますので、あなたに好印象を持ちます。あなたのちょっとした感想にも、大きく反応してくれるようになります。とっても盛り上がりますよ。

会話が楽しくなるコツ②アホと思われてもいい!質問してあげる

多くの人が自分を賢くみせようとして損をしています。相手の話を聞いていてわからないことがあったら、質問したほうが会話は盛り上がるものなのです。大体その難しい言葉というのは「ねえ!質問して!」という相手からのサインだったりするわけです。ぱくっと素直に食いついてあげれば喜ばれます。

 

話が広がらない人というのは相手がちょっとでも自分にわからないジャンルの話を始めると、とたんに心を閉ざしてしまいます。「コイツ何にも知らない」と思われるのが怖いのです。だから誰と話したって深い話が出来ません。

 

話の面白さというのは、実はその人個人にしかわからないマニアックな洞察や体験にこそあるものなのです。だからちょっとした専門用語にびびって相手の話に食いついてこれない人というのは、どうしても話がうわっつらだけになって本当に面白くて深い会話が出来ません。

 

アホは好かれますよ。単純に人に優越感を与えてくれる存在だというのもありますが、相手のことを思ってアホになってあげられる優しさが評価されるのです。あとはアホな人特有の、素直で腹のすわったところも好かれます。

 

だってこの世のすべてを知ることなんて出来ますか?私達はほとんど無知で生きてるのです。若いうちは経験が足りないし、年をとれば若い世代の常識がわからなくなる。相手の話が理解出来ないのは当然なのです。堂々と質問すればいいじゃありませんか。勇気を出して質問したぶんだけ、あなたは人から好かれるのです!

会話が楽しくなるコツ③会話をマーケティングの勉強だと思う

f:id:blissfulness:20150401213235j:plain

umezy12

話しててつまんない人の特徴として、他人への関心がそもそも薄いという特徴があります。ま、そうですよね。誰だって一度しか会わないかも知れないお客さんとか、飲み会のメンバーのことになんかなかなか興味は持てません。

 

 こういうときは自分の得になりそうなことを、この人からなにか引き出せないかと欲深くなることです。蜜の場合、「80代の一人暮らしの女性…何を望んで何を楽しみに生きているのか。もし商品やサービスを利用する場合、どんな基準で選ぶのか」ということに注目して話を聞くようにしています。

 

どんな知識でも人に関わることであれば、商売の役に立ちます。人に物やサービスを売りたかったら、まずどんな年代の人がどんな理想を描いてどんな価値観で生きているのか知らなくてはなりません。そう思ったらどんなやり取りからも学ぶことが出来ます。

 

世の中は常に動いているのです。すべての年代の人々は刻一刻と入れ替わっている。常にその世代においてそれぞれ最先端の感覚を持っていらっしゃる。昨日のお客様と今日のお客様はまったく別人です。これは80代のお客様でも同じです。老人だからとひとくくりにしていいことではないのです!

 

研究対象として見ていることを相手に隠す必要はありません。人はどんな理由であれ、自分の話を聞いてくれる人を好きになりますし、その動機がドライであればドライであるほどかえって好ましいと思うものです。同情とか恋とかウェットな理由で近づかれるほうが、不思議ですが人は嫌がります。

 

「勉強になります」「そんな考えかたもあるのですね!」などと相槌を打ちながら、

興味の赴くままに質問したり感想を述べたりしながら話をしましょう!とても楽しいですよ。

聞き上手になるためにたくさん本を読みましょう

f:id:blissfulness:20150401213339j:plain

pamlau.com

自分とまったく価値観が違う人と会話を楽しむには、それなりに下準備が必要です。その下準備とは、

  • 年代別に憧れの女優の傾向、俳優の傾向をなんとなく掴んでおく
  • 昭和~現代の小説を読み、どんな価値観の人間がかっこいいと思われてい(た)るのか掴む
  • 余裕があれば古い(あるいは新しい)映画やファッション(写真集)、懐かしい(最近の)テレビ番組も見ておく

 価値観や流行をすべて知る必要はありません。その世代が描きそうな「憧れの女性、男性像」だけざっと知っておく。これだけでぐっと会話が楽しくなります。どんな人も調子に乗ってくると、会話の端々でかっこつけた発言をしたがるものです。

 

そんなとき近い年代だったら、それが何の意図でやってるのかわかる。たとえば40代の男性だったら「バブル期頂点を極めたオレ、当時浮ついた奴らを冷静に見てたオレ」とかいった武勇伝を匂わせてきたりする。

 

60代の男性だったら「実は任侠の世界に片足突っ込んでいたオレ、貧乏暮らしから知恵を絞ってのし上がったオレ」などです。人によって違いますけど、大体でいいのです。傾向を知るだけで随分違います。

 

それを敏感に感じ取って感心した視線を送ってあげたり、タイミングよくうなづいてあげれば、その会話はテンポよくなるし相手はますます「こいつは話のわかる奴だ!」とあなたに親しみ感じる。時にはその懐の深さに尊敬の念さえ抱きます。

 

でも年代が離れれば離れるほど、相手の意図がつかめなくなります。黙って感じ取るから効果があるのです。ロマンというのは言葉に出すと、一気に色あせてしまうからです。だから真の聞き上手になりたかったら、予習は欠かせないのです!

いかがでしたか?

聞き上手になるコツは大体つかめましたか?意外と奥が深いでしょう?聞き上手でいることのメリットは、会話をしている最中にも学び続けられることです。予習も大事ですがじかに人の価値観に触れたほうが、リアルだから面白いし当時の時代背景まで詳しく教えてもらえます。

 

自分の下の年代にも有効です。知らないことは全然恥ずかしくありません。むしろ教えてもらえてラッキー。コミュニケーションのきっかけになります。若い世代は教えられることが多いもの。

 

上の世代に物を教えてあげることは、若い人たちにとって格別の快感になります。口ではバカにしてくるかもしれませんが、あなたの真摯で素直な態度にかえって心打たれ、その自由な感性に憧れさえ抱くでしょう。

 

話し上手は融通が利きません。年代別に好まれる言葉の言い回しや、声のトーン、間の取り方も違います。上達するのに個別に学ばなきゃならないことが山ほどある。同年代に通用しても、上や下の年代に通用しない能力なんじゃ、必死で努力してもなんかもったいないです。

 

ね、聞き上手は重宝されます。だってみんな話したいんですから。でも話を聞くのは楽しいですよ。受け身にみえて、実際はかなり攻めなのです。

 

以上、蜜でした☆ にこっ