蜜の国

蜜のメインブログです。オトナ向けの記事はサブブログ「蜜の罪」へどうぞ。



ブスなのにモテる女になる方法!美人のシルエットを手に入れる②ヘアスタイルや美容室

蜜がブスなのは公式ですが…

美人風の髪型をすることで、だいぶ色々ごまかせるよ。

堀北真希写真集 Dramatic

前回の記事で美人と認定されるためには、10m離れた距離から見て「美人」に見えることが近道だと説明しました。髪型もその大事なファクターです。ダイエットで痩せて美人に見えるヘアスタイルにしてしまえば、我々ブスでも多くの人が「美人認定」を受けるようになります。

 

でも髪型決めるのって、難しいですよね。

 

んなの私に似合うかしら…これって美人がするから似合うスタイルなんじゃないの?このパーマかわいいけど、私がしたら普通におばさんに見えるんじゃない…?

 

そう、うん、そうですね。その通りです。我々ブスはそんな危ない橋を渡ってはいけません。ポイントは誰でも似合う無難なヘアスタイルの中からモテそうなものを選ぶ。これです。

 

女優やアーティストのヘアスタイルをそのままマネするのは危険です。彼女たちはすごく似合ってるから自然に見えるけど、案外個性的な髪型してます。前髪がアシメだったり、極端に短かったり、かつらみたいなヘアスタイルだったり… 

 

才能と美貌にあふれる彼女たちの個性は、商品価値が高い。でも我々ブスが個性的な外見だと、ブスに拍車がかかるだけです。

具体的にどんな髪型がいいのか

男性全般に受けるには断然ロング。ショートやミディアムより、意外と手間がかからない。アップにするのもカンタン。男性は女性のアップ好きな人多い。というかギャップとうなじと揺れる毛先が好き。

 

ブスの人は前髪ありがおすすめ。少なくともおでこや眉間のシワ、ニキビは隠せる。目の上ぎりぎりの斜めに流した長めの前髪がモテの王道。でも蜜は仕事中長いとうっとうしいから、短めにして下ろしている。本田翼さんの前髪、とオーダーしてる。ラク。

 

長い前髪が似合う人はそれでいい。でも個性や主張が強くなる、顔面が全部出る、年齢が上に見えるリスクがある。蜜は前髪長い頃、夫に不評だった。眉間にしわ一歩手前のもこもこがあるからだろう。

 

・ヘアカラーはしてもしなくても、好みで。でもここ最近、蜜は茶色いダメージヘアの人がすごくおばさんっぽく感じる。若い世代は黒髪多いのに、アラサー以降は茶色の人が多いっていうのも関係あるかも。どっちでもいいなら、メンテの手間も考えると黒髪がいい。どっちでも見せ方次第で、ちゃんとモテるから。

 

・パーマもいいけど、だいたい年齢が上に見える。高校のとき友だちでパーマをかけた子が何人もいたけど、モテ目線でいい感じにかわいくなった子はいなかった。不自然な形状記憶、ツヤが原因。蜜の経験上ストレートにしておいて、ゆるんとしたごくごくナチュラルな巻髪するのが一番モテる。 

 

Beautiful Day

ヘアスタイルのオーダーの仕方 

蜜はこうしてます。

①AKBの人たち、グラビアアイドル、清純派女優の方々の中から、大体雰囲気よくてモテそうな子を選ぶ。

 

髪型には時代があらわれます。流行を引っ張ってるのは、やっぱりいまだにマスメディアです。だから古臭いヘアスタイルにならないように、なりたいヘアスタイルの原型はマスメディアの息のかかってる子から取ります。

 

②気に入ったグラドルなどの写真を用意するか、その子の髪型に似たヘアスタイルの人の写真をホットペッパービューティーなんかで探す。

 

サロンの美容師さんは流行に合わせて、一般人にも似合いそうなヘアスタイルを作ります。だからアイドル本人の髪型よりも、サロン提唱のヘアスタイルのほうがオーダーしやすくこなれたものが見つかる。

 

③その写真をもとに、自分の口で出来る限り説明する。

 

たとえば、

「前髪を奥から深めに目の幅くらいで持ってきて、厚めだけどこんなふうに自然なざくざくした隙間を作ってください。長さもこのくらいで。サイドはこれより長めにリップラインくらいまで後れ毛残して、小顔効果出して欲しい。後ろは流行に合わせて重めのボブで。伸ばしています。重すぎないように、ちょっと動きを加えるようにしてください。ちなみに毎日ゆるく巻きます。」

 

美容師さんからしたら、うざくてうるさい客です。でもそんなオーダーの細かい客に対応できない美容師さんは、はずれの確率が高いんです。カットもカウンセリングも上手な美容師さんというのは、こんなめんどくさい客にもちゃんと対応できます。それがいいサロンを選ぶ、一つの目安です。

シャイな人のためのモテるヘアスタイルのオーダーの仕方

蜜みたいにしつこく出来ない人にオススメなのは、「男性にモテる髪型にしてください、髪は伸ばし中です」みたいなのです。あ、シャイな人のためのオーダーの仕方にしては、大胆すぎますね!

 

じゃ、これは?「グラドルとか会社の受付の女性とか、万人受けしそうな好感度高いヘアスタイルにしてください」ちょっと表現がまろやかになりました。シャイな人は「グラドルとか」を抜けばいいですね。

 

あなたがシャイなブスだってのは、わかってます。でも「男性ウケ狙った髪型にしたい」っていうのはちゃんと伝えなきゃダメです。カットの方向性が全然違ってきます。上手に言える方法を自分で考えてみてください。

 

まだあなたが「よくみなくてもブス」のステージにいる場合、美容室は苦行の場でしょう。美容師さんはオシャレだけど感じ悪い人も多いので、変なのにあたると自尊心を傷つけられます。そんなあなたは蜜がこれから挙げるいい美容室の条件リストを活用して、特に注意して店選びしてください。

 

一生懸命選んだけど「この美容師感じ悪…!」ってとき。「『今日はシャンプー&ブローでお願いしまーす』って言って逃げなさいね」って、蜜は引越しするときなじみの美容師さんから教えてもらいました。よかったら使ってみてください。蜜はヘタレなので「ほんのちょっと整える程度に切ってください」って、切ってもらっちゃいますけど。

f:id:blissfulness:20150226040921j:plain

 

いい美容室の選び方

蜜が美容室を決めるポイントは、

  • 若手の指導経験が豊富なベテランの男性美容師であること
  • 独立して個人で開業している店の店長。それか大手チェーンの店長クラスの人。
  • 毛髪科学に詳しい(ヘナ扱ってる人は高確率で勉強熱心。)
  • 接客が丁寧で、カウンセリング中にこちらを不快な気分にさせない
  • サロン専売品のシャンプーとか無理に買わせようとしない
  • オシャレでかっこよく、モテそうな男性であること
  • 値段はカット¥4500~など、安すぎない価格設定のところ

これを満たしたサロンは外れが少ないです。何回か引っ越していますが、その都度お気に入りの美容室を探します。「コレ」と思うところに出会うのに、3,4軒試してみます。(つまり最低でも3,4ヶ月かかってしまう)

 

美容師さんは当たり外れが大きいです。問題はカットのテクニックだけじゃありません。時代に合ったセンスを持ってるかどうか、男性がどんなヘアスタイルの女性に惹かれるか理解してること、お客さんの個性に合わせてそれを再現できるかどうか、お客さん自身の「なりたい自分」を短い会話のなかで汲み取れるかどうか。

 

これ全部満たすのは、蜜の経験上さっきあげたようなモテそうなベテランの男性美容師さんです。後輩を育てる人望とテクニックと忍耐強さがないと、美容師の世界では出世できない。勤めてた店で出世出来た人が、独立開業している。

 

女性美容師さんでこんなこと出来る人だったら、ものすごくモテる人です。このタイプの人は、20代~30代の場合美容室で働いてないことが多いです。早くに結婚して今子育て中です。潔く男性に絞って探したほうが、数が多い分当たりの確率があがります。

 

美容師さんがモテそうでかっこいいことは重要です。自分の見た目も満足にプロデュース出来ないような人が、見ず知らずの他人の好感度を上げることが出来ると思いますか?蜜は思いません。

 

それから美容室の経営が安定してそうなところも目安にしています。独立開業はカンタンなことじゃありません。リピーターがついてくれないと、すぐ経営はピンチになるでしょう。サロン専売品を押し売りしたり、価格が激安だったりするところは、カットと接客の魅力が足りなくて安定したリピーターが少ない証拠なのです。